人のレコーディングで目から鱗!
俗世間で言うクリスマスイブと呼ばれる24日は「hello!」のレコーディングにお邪魔して来ました!

と言ってもプレイヤーとしてでは無く、ドラム・セットのチューニングをしにね!

なんでも今回のレコーディングでは「DWニコルズ」のドラマー、リッチャン所有の60年代ラディックのセットを借り受けて録音すると言う。

ヴィンテージ・ラディックっと言うワードが橋口靖正の頭の中で丸尾和正を呼び起こしたらしく「オープンなチューニングをぶちかまして下さい!」ってな訳で…
完全に趣味と向学を兼ねて、喜んで参加させて頂きました!

リッチャン所有のシャンペン・スパークリングのカバーリングのセットはとても美しく、見てるだけで「古い音」を喚起させるルックス!

レイン・フォースメントを施したシェル、その内部は勿論白く塗装され…、まさに「あの感じ」ね!あの…!

色々試したり、僕の愛機70年代スープラフォニックも使用したり…そして勿論リッチャン所有の60年代400も大活躍!
ハットもまたリッチャン所有のオールド(恐らく70年代)のAジルジャンの15インチを使用!

この15インチのハットのザクザク感は病みつきです!
ヴィンテージ・ドラム好きにはたまらない経験ですわ!

改めて15インチのパイステ、サウンド・エッジのハットを手に入れたいと強く強く確信した瞬間でもあったりして…!


人のレコーディングなのにメチャメチャ楽しませて頂きました!




更に、僕とは対極のサウンド・メイキング要員として橋口靖正の友人であるフランス人、アレクシだかなんとか言う奴もチューニングをしにやって来ていました!
e0196160_524532.jpg

このアレクシって奴が恐ろしく素晴らしい奴で、彼のサウンド・メイキングには大きく感銘を受けたと同時に、メチャメチャ勉強になりました!


クリアに録音する為にバリバリにミュートして行くんだけど、そのミュートの仕方が半端なく厳密!

叩き手の好みのスネア・サウンドを基本にして、そこからまずバスドラをチューニング。

タムやフロアを押さえたりしながらキックを踏み、スナッピーの干渉が全く無くなるところまでピッチを下げたりミュートしたり…。

マイク乗りとクリアさを最重視しているから、彼の中には均等に張ると言う概念は全く無い模様!

キックの次はフロア・タム!

こちらもスナッピーの干渉が完全に無くなるところまで…、キックと同じ要領!

そしてタムもまた同じ要領で…!

とにかく彼は「止めて下げる」!

ただ、「止めて下げる」にしても、「寄せて上げる?!」にしても、ここまで厳密にしなければ美しいドラムサウンドや、美しいバストラインは望めないと言う事ですね!はい!


全てのタイコの干渉が全く無くなってクリアに!
更にはどのタイコをヒットしても床や壁等の振動を伝って共鳴するシンバルの高い「ヒィーン」って言う干渉も止めていく…!

う~ん、完璧!完璧過ぎる!

素晴らしいです!
e0196160_525082.jpg

<アレクシ、greatな奴!>

僕の経験上シンバルのミュートはいかにも「止めました」的な詰まった感じに聴こえるので、極力避けたいのだけど、アレクシが作ったサウンドをマイク通してコントロール・ブースでスピーカーから聴くと、非常にクリアである事に加えて極めてナチュラル!

ミュートしたシンバルさえも非常にナチュラル!

目から鱗とはこの事を言います!


橋口靖正が言っていた通り、僕とは完全に対極に位置する概念ではあるけど、唯一の共通点は「キット全体が自然に鳴ってる」音を目指していると言うところ!


悪いけどこの手法は盗ませて頂いて、自分も何かの場面で絶対に使わせてもらいます!


アレクシ曰く、クリアに録音して、後でオーバーベッドのマイクにコンプをかけて減衰を稼ぎ、オールド・サウンドに仕上がるとかなんとか…!

言われて見ればアビーロード辺りの音に近いような気もする!(もっともアビーロードではキックにスナッピー干渉してるけどね!)


なんにせよ、僕がこんなにミュートにワクワクしたのは初めての体験!


ちょっとサスティーンが気になるからと言って、すぐにやみくもにミュートしてトンチンカンなキットバランスで平気な顔して叩いてるドラマー諸氏に見せてあげたい偉業を目の当たりにしました!

とにかく素晴らしかった!


この素晴らしいアレクシのチューニングと、小生のウルトラ・ハイピッチ・チューニングによって録音されたドラム・トラックに、橋口靖正の変態的かつキ〇ガイな玉手箱をひっくり返したようなポップワールドがどんな風に載っかっていくのか…?

自分の事のように楽しみでたまりません!




この録音に際してのエンジニアはお馴染みdetune.の石塚周太!

橋口靖正も僕も、石塚周太に関しては「彼が生まれてきた事実ソノモノ」を絶対的に信頼しているので、素晴らしい作品になる予感!



いやぁ~、しかし人のレコーディングでこんなに楽しませて頂いて、ありがたい限りです!


また更にドラムが好きになってしまいました!

幸せ幸せ…!




レコーディングを終えて帰宅すると自宅では奥さんの大学時代の仲間が二人遊びに来ていて、美味しい料理と美味しいお酒!

音楽は恒例?!、ビートマスとNRBQのクリスマス・ウィッシュと、COUCHのスタッフである除川さんセレクトのクリスマスソング集のCD-R!(これ最高なんす!)
e0196160_5272719.jpg



こんなクリスマスイブなら毎日でも大歓迎です!

ごきげんよう!





    ~ライブ情報~


★ 1月20日(金)
【オレンジズ】
代々木 ザー・ザ・ズー


★ 2月12日(日)
【オレンジズ】
下北沢 ガレージ


★ 3月25日(日)
【オレンジズ】
新宿 レッドクロス




   ~リリース情報~


『JAMBOREE /THE ORANGES』
ジャンボリー / オレンジズ

■収録曲
ジャンボリー
真っ赤なマイクロバス
ナンバー1
サンデー・ドライバー
クライベイビー
コーラ
恋なんて
ギンガム・チェック
ゲラゲラ60分
デイジー
リアライズ
エース
グッド・グッド・グッド
オー・ヌード
ノータッチ
仔犬と彼女
スター・スター
愛の子供

2011年5月25日 ON SALE
e0196160_572087.jpg


価格:¥2,310 品番:DQC-691
流通:BOUNDEE
[PR]
by maruokazumasa | 2011-12-25 05:08