最近の事、マルオエイドの事、Clingonの事…その①
やっと少し夏らしくなって来ましたね!

脳ミソのキャパシティーに些か問題のある僕なりに精一杯、マルオエイドへ向けて準備をしています!

楽器周りはもう完璧なところまで…!シンバルスタンドまで新調して40歳前に来てやっと、ほぼ理想的なセットアップに漕ぎ着けました!

最高のヴィンテージサウンドでお贈り出来るかと…意気込んでいます!


そして先日はマルオエイドのセットリストをメンバーに送り付けて、リハの日程の調整やらなんやらかんやら…!

足りてない脳ミソがオーバーヒートしそうです…!

そのセットリストの中で、昨年とは違う同期演奏用のループ音源を、スタジオ・アフタービートのエンジニアにして大切な仲間である本橋君(モッティー)に頼んでエディットして貰いました!
e0196160_810730.jpg

《波形でドン!のコーナーです!この波形で何の曲か当てた方にはハワイ旅行が当たります…というのは真っ赤な嘘です!とにかくモッティーがアレをナニしてバッチリとループ音源を作ってくれました!お楽しみに!》

ミックスルームであ~でもない、こ~でもないと、ループ音源を作っていると、だんだん火が付いて来て、先日録音したミムラスのトラックのミックスに突入…!

僕に捕まったのが運の付きか?モッティーにあれやこれやオーダーを…!

理想に近づいて来て更に火が付いて…遂にはナイトウアキコ嬢を電話で呼び出して…!

我ながらワガママで迷惑な先輩振りを大いに発揮してしまった…やれやれ…!
e0196160_8102571.jpg


でも、さすがに本人不在で楽曲をイジリ倒すのもどうか?と憚っての考慮のつもりなんですが、可愛い後輩達がどう思ったかは知る由もなく…!

ナンにせよ、ナイトゥーも納得してくれていたようだし、モッティーは面白がっていたようだし…、僕は大いに大満足です!

ゆっくりとした進行の牛歩レコーディングではありますが、「何々風」じゃない素敵な音源に仕上がりつつあります!

完成が非常に非常に楽しみだ!

作業後は勿論乾杯!
e0196160_810965.jpg


人生に於いてナニかと乾杯する機会を伺っている自分に気付きつつも、その辺に関する遠慮の気持ちは、呑みたい欲で無理矢理捩じ伏せるのが、厚顔無恥な先輩の在り方だと諦めて頂いた!




ってな感じに、日々ロックンロールや家事や渡世上のシガラミやトキメキに一喜一憂しているうちに、いつの間にかマルオエイドまで一ヶ月を切っているではないか!


昨年の9月に京都でライヴをして以来、約11ヵ月振りとなるClingonの合奏!

あの親密にして激情の合奏が近づいて来て、高鳴る胸を抑える事が出来ません!

どうしょうもなく胸が踊る時間と、興奮で毛穴の全てが開くような最高の瞬間を是非とも皆さんと共有出来るかと思うだけで、ゾクッとします!

妄想もパンパンもパンパンで破裂しそう…!夢の中にもマルオエイドが出てきます!
え~、それはちょっとした悪夢でしたが…(笑)!
小心者なんで…!

当日は素敵な素敵な夢を見たいと思います!

一緒に素敵な夢を見ましょうね!
眠ってない時の夢をね!






そのマルオエイドも今回で7回目!

毎年毎年ワガママ放題やらせてもらってのイベント!
7回も周りにワガママを聞いてもらって来た訳ですわ!

幸せですね!

好き放題やらせて貰うイベントとして、沢山の方々に出演して頂いたり、ツインドラムで工事現場みたいな事になったり、クイーンを熱唱させてもらったり…!

なんせ、僕が一番やりたい事をヤルってのがマルオエイド!

今回を入れてここ3年は連続してClingonのワンマンになってますが、それは復活したClingonのライヴが少ないのと、Clingonでのワンマンがしたいのと、自分で選曲したいのと…!

そんなナンヤカンヤで今年は特に、木村ひさしが島根県に引っ越したのもあって、なかなか動けないClingonをヤル事以外考え付かないぐらいに必然的な結果!

今一番やりたくて出来てない事はClingonのワンマンだから、これしかない!

丸尾はマルオエイドに於いてClingonを利用してる!だとかなんだとか言われようが、自分の中で旬と感じるモノにはナリフリ構わず夢中で居たいので…!


そのClingonに関しては、改めて語りたい事が沢山あって…!

あくまでも個人的で、僕の視点での話なんだけどね!


90年代の中頃(何年かはもう忘れたなぁ~!)大阪の高槻市で結成して以来、いろんな夢見ながら漠進してきたように思う…!

3人で結成したClingonにメンバーが増え4人になり、デビューして上京して、メンバーが一人脱退して…。

気づけばメジャー契約も切れ、マネージメントと二人三脚で迷走したり…マネージメントと意を決して訣別したり…!

バンド自らがマネージメントしながら(本当に文字通りリアルな数字と戦っていた!儲かりはしなかったけどね!)サポート・ベーシストに村田シゲを招き、木村ひさしと小林浩士と僕の四人で走っていたClingon!


結果として僕は、その時の時点で、木村ひさし、小林浩士、村田シゲ、僕の4人のClingonが、4人の合奏が、4人のバランスが物凄く物凄く物凄く物凄く物凄く物凄く……………大好きだった!

だから当時、活動休止に向かっていた時期…、本当に本当に寂しくて辛くて…現実逃避をするしか術がない日々だったように思い出す…!

「こんなに凄いのに…こんなにカッコいいのに…こんなに楽しいのに…こんなに大好きなのに…なんでなん?」

そんな思いでいっぱいだった…!

当たり前だけど、バンドは他人とやるもの。どうあっても他人の気持ちにはなれないけど、なんでこのClingonを止めるなんて発想が起きるんだろう?!と、僕の頭の中は「?マーク」でいっぱいだった…!

恥ずかしげもなく断言するけど、世界一カッコいいと信じていた!

でも…そのラインナップでのClingonは活動休止、小林浩士は脱退…。

絶望的な気持ちだった…。

奇しくもそのラインナップでの最後のライヴは第一回マルオエイド!

これは意図した訳じゃなく、Clingonが続く事を前提に前以て進めていた計画だったんだけど…!

そして、他のメンバーの間では、2005年いっぱいで休止するつもりだったけど、僕のイベントが決まっていたから、2006年、年明けの1月4日の第一回マルオエイドが最後になった…。

たまたまそうなったとは言うものの、その時のラインナップでキッチリと最後にClingonから、ありがとうやサヨナラを言えなかった事を今でも心苦しく思っている…。


ただ、これは本当に身勝手な気持ちなんだけど…僕にとっては、そのラインナップでの最後がマルオエイドで助かったという側面もある…。

というのも、第一回マルオエイドは他にも沢山の出演者がいて、曲がりなりにもそのイベント全体を見渡さなきゃいけない立場だったから(本当に曲がりなりにもね…)、これが最後なんだという気持ちが少し薄れてくれたんです!

勿論現実では解ってるんだけど、なんせその日はマルオエイド!

また来月Clingonでライヴやるような気持ちで演奏してたような気がする…!

もし改まって最後のライヴをしたとすると、僕は恐らく悲しくて寂しくて…まともに演奏出来なかったかも知れない…!

だから身勝手な都合だけど、僕にとってはあれで随分助かったんです…。


そうやって、第一回マルオエイドと共にClingonが活動休止してから、僕は心に大きな穴をあけたまま暮らす事になる訳です…。

でも当時は周りに「マネージメントやらなんやら…やっと肩の荷が降りたわ!」と強がっていました!

Clingonを失ってから、僕は沢山の音楽仲間に支えられながら、少しずつ心の穴も埋まり、その傷が治癒していくのを身をもって感じた…。

その当時支えてくれた仲間は枚挙に暇がないが、(挙げきれませんが…)中でも河野薫氏、石塚周太氏、兼田優一氏、井垣宏章氏、岡部晴彦氏、澤田修一氏、高木としお氏、逢坂泰精氏、橋本ジュン氏、橋口靖正氏、山下雅之氏、内藤彰子氏…には本当に本当に助けられた!

物凄く感謝している。

いささか不謹慎な言い方だけど、Clingonを忘れさせてくれた…!

そして、本当に幸せな合奏で僕を夢中にさせてくれた!


そんな日々の中…数年振りに僕はひょんなことで木村ひさしと呑む事になる(呑めない木村ひさしと…)!

その機会をセッティングしたのはLOVE 9 floorの井倉真治(当時は青空ドライブの…)で…。


久々に木村ひさしと話すのは心踊るし、純粋に嬉しかった…!

そして木村ひさしの口から「そろそろClingonやるか…」と…!

嬉しかった!凄く嬉しかった…!

でも、僕の口から咄嗟に出た言葉は意外に思われるような気がするけど「…いやぁ~、無理やわ!」だった。
そう、もう傷付きたくなかった…!

やっと…やっとせっかく楽しくなってきたのに、また休止でもされたりしたら…もう生きていかれへん…!

Clingonに対して臆病になってたんですね!

嬉しかったけど恐かった…!


ならば木村ひさしのサポートではどうか?と…!

変な話しだし、変な気分だけど、それなら出来る気がした!

なんたって大好きな木村ひさしと一緒に演奏する事には何の問題もない!
Clingonって名乗らない分、何があっても自分の中で整理つけやすいし…!

そこに居たのが平泉光司と佐々木健太郎だった!(石塚周太と河野薫という編成もあったね!)


木村ひさし、平泉光司、佐々木健太郎、僕の4人で合奏しているうちに、僕の心の奥底で燃え上がる何かを感じた…


つづく…



    ~ライブ情報~


★ 7月22日(日)
【オレンジズ】
新宿レッドクロス
『 第3回 ロック☆ジャンボリー』
【時間】op18:30/st19:00
【出演】オレンジズ/CLANDESTINE/ザ・マウントバッテンズ/hello!
【料金】前2.300(D別) 当2.500(D別)
【チケット】 ローソンチケット:70520(6/2発売)
【お問合せ】新宿red cloth TEL:03-3202-5320




★ 8月3日(金)
【マルオエイド 2012 ~Clingonの遠距離純愛良好実演会~】
高円寺Showboat
e0196160_810135.jpg

e0196160_8102296.jpg


●出演:Clingon
[丸尾和正(ds.vo) /木村ひさし(vo.pf)/平泉光司(g.vo/COUCH)佐々木健太郎(b.vo/アナログフィッシュ)

●open/start:19:00/19:30
●チャージ:前\3000当日\3500 ドリンク別

●チケット発売:
ShowBoat 5/5(土)~ 整理番号 No1~
ローソン/イープラス 6/2(土)~ 整理番号 No101~

●整理番号:あり

●入場順:整理番号順
( ShowBoat前売券→ ローソンチケット&イープラス前売No101~→ShowBoat&出演者予約→当日券)
※ShowBoat前売券の整理番号は、ご購入(店頭・代引き郵送)頂いた順になります。
ご予約では、整理番号がつきませんので、ご注意下さい。
※遠方の方は代引き郵送も承ります(送料¥580)

●会場&問合せ:ShowBoat 03-3337-5745
info@showboat.co.jp
http://www.showboat.co.jp


   ~リリース情報~


『JAMBOREE /THE ORANGES』
ジャンボリー / オレンジズ

■収録曲
ジャンボリー
真っ赤なマイクロバス
ナンバー1
サンデー・ドライバー
クライベイビー
コーラ
恋なんて
ギンガム・チェック
ゲラゲラ60分
デイジー
リアライズ
エース
グッド・グッド・グッド
オー・ヌード
ノータッチ
仔犬と彼女
スター・スター
愛の子供

2011年5月25日 ON SALE
価格:¥2,310 品番:DQC-691
流通:BOUNDEE
[PR]
by maruokazumasa | 2012-07-10 08:14