随分遠くまで来たもんだなぁ!
9月も中盤にさしかかりましたが、未だに夏の名残を感じる昼間があることに嬉々しております!

窓に射し込む日射しの中でバリー・マンのサバイバー辺りを聴きながら奥さんと朝食を摂り、庭作業に向けてレッド・ツェッペリンのⅣ辺りで気合いを入れる!

汗だくになりながら庭の芝生の手入れをしたり雑草を刈ったりしていると、もう「こりゃ一つ泳ぐしかないな!」ということになるのは当然!
e0196160_15582345.jpg

「伸び散らかした芝生のむだ毛処理!キレイに揃えるのはホント骨!ムラだらけに、、、」
スティーリー・ダンのキャント・バイ・スリル辺りを聴きながら身支度をして近所の区民プールへと出向き1,000メートル泳ぐ!

週に2~3回(忙しくて行けない時もあるにせよ平均してこんなペース)通っていると、この歳になっても「上達」することに気付き、それはなかなか嬉しいものです!

区民プールは毎時50分から10分間の休憩があるので、その休憩時間に到着するように合わせて向かう。

着替えてプールに出た頃がちょうど休憩時間終了なので、そこからみっちり1,000メートル(かあるいはそれ以上)泳ぐ訳です!

個人的な休憩をハサミながら次のオフィシャル休憩時間?!の少し前にだいたい目標距離に到達するという感じ。

でも最近、調子のいい時はほとんど休憩をハサマずに泳ぎ切ることもある!

我ながら成長したなと…!

この先、距離を伸ばすのか?というプランは今のところ特になく、ただひたすらこのペースで泳いでいるのですが、泳げば泳ぐほどつくづく泳ぐという行為が好きだと実感します!

手足の動きやタイミングから無駄を如何に排除し前進するか…如何に力まないか…という事に集中して水の中で自分に向き合っている時間が非常に心地好い!

必然的にスピードも上がる訳で、特にスピードを求めていなかったにせよ、やはりそれは素直に嬉しいし充実感がある!

そして、以前も書いたのですが、どこかドラミングに重なるところがある…うまく言えないのですが…!


先日、ライスヘッズのリハーサルでドラムを叩いている時も「何かしら泳いでる時に近い感覚がある!」と実感した!

なんなんでしょうね?!ホントうまく説明出来ないのですが、手足の動きやタイミングから無駄を如何に排除するか…、そのタイミングを見計らってビートを、合奏を前進させて行く感覚が泳いでいる時の感覚に近いところがある!

何の根拠もありませんが泳ぐ事がドラミングに好影響をもたらすような気がしてなりません!

日常的に「泳ぐ」ということ、もっと早く始めていたかったなと…まぁ今更嘆いても仕方がないので、これから如何にして年間通して泳げるという環境を上手く使ってロックンロールに昇華させるか!というのが僕のテーマの大きな一つですね!はい!





こんな感じで平日の昼間から庭いじりしたり、庭でビール呑みながら洗濯したり、プールに通ったりしていると、明らかに「あの人は何をしてる人なんだろ?」的な視線を感じる事がある…!

僕が住んでいる中野区鷺ノ宮はいわゆる住宅街で、夜は静かだし昼間ウロウロしているのは子供か主婦か学生ぐらいのもの。

僕ぐらいの歳の男がウロウロしているのはやはりどこか違和感がある!

近所の奥さん方から「素敵なお庭ですね…」なんて声かけられて「いや…あぁ、はい…どうも…」なんて会話していると、僕も随分と「遠く」に来たもんだなぁ~!
なんて思ったりする!

つい先日まで自分は大学生ぐらいで、ほとんど大学にも行かずアルバイトとバンドに明け暮れて、暇さえあれば仲間と朝まで具合が悪くなるまで呑んで、飽きることなく失恋を繰り返したり、あまりパッとしないセックスで満足してたような気がするんだけど…気付けばご近所の奥さんと庭や気候の話してるなんて…ホント随分と遠くまで来たもんだ!
随分と…


そんな風に声をかけてくる奥さん方が心の中で「丸尾さんちの御主人いったい何をしているんだろう?」なんて回疑心を抱いてるのかと思うと、なんだか座りの悪い気持ちになったり…、やれやれ。

まぁ、僕とて休日祝日関係なく、朝昼夜深夜関係なく曲がりなりにも社会とそれなりの折り合いを着けながらやってる訳だから堂々としてりゃいいんだけどね!

更に困ったことには昼間に近所のスーパーでビールを買いに行ったりするとレジに近所の奥さんがパートで働いておられたりする!

これもなかなか気まずい…!

「あら!こんにちは!」なんて声かけられて、「あ、どうも…ちょうどプールの帰りで…ビール呑みたくなりまして…はぁ…」
ポリポリ…
ってのはなかなかです!

泳いだ後だからついビールが呑みたいという咄嗟の言い訳のつもりで出た言葉なんだけど、そもそも相手にとっての問題は平日の昼間からプールに行ってるという時点で謎な訳で、その後のビールの言い訳は謎を更に深めるだけ…!

まったくもってやれやれです!

旦那さんは朝早く仕事に出かけ小学生の子供さんを見送った後、家事を済ませて近所のスーパーで家計を支える為にパートしている慎ましやかな家庭生活を思うと、如何に僕としても一応社会と折り合いを付けているとは言っても、やはり昼間からのビールにはいささかなりの罪悪感を伴う…!

と言ってもそんな罪悪感がまたビールを美味しくさせてくれるのがたまらないのですが…!

そして…そんな謎のオッサンで居られるこの界隈の暮らしと罪悪感もだんだんと楽しくなってきた今日この頃!

住めば都と言いますが、高い建物がなくて空が広いこの場所が「暮らす」にはなかなかいいところだと感じています!


だから今は長年住んでいた心の故郷?!でもある大好きな高円寺へチャリンコを20分弱漕いで「通う」という感覚!

離れてみると高円寺がもっと好きになったりもします!

高円寺に住んでた頃は平日の昼間でも僕らぐらいの年齢の人がいくらでもウロウロしてるし、多少の罪悪感はあったにせよビールだってね…!

街でバッタリ合う人間も8割が知り合いのミュージシャンで、近所のスーパーでビール買ってレジに並んでいると隣のレジにも仲間がビール持って並んでいたりね…!

そんな高円寺に通うようになって、少し外から高円寺を眺めていると、今更僕なんかがわざわざ言うまでもないことなんだけど、やはり高円寺には「文化」というものが根付いている!

あまりに当たり前のことを言って気恥ずかしいのですが、街全体に「文化」というものが染み付いていて、そこには見果てぬ夢や、意味不明の郷土愛?!や、幾分無駄な側面もある活気が渦巻いていて、ごちゃ混ぜになった何かが動いてる感覚がある!

まぁ、街なんて吉祥寺でも三軒茶屋でも自由が丘でも下北沢でも…………どこでもそれなりの「文化」が染み付いているのだろうし、その土地を愛して暮らす人達がいる訳で(そうじゃない人もしかり…)、高円寺が特別な訳じゃないんだろうけど、何故か僕は高円寺が大好きで居心地がいいから贔屓目に見てしまう!

「通う」度に好きだなぁ~!
落ち着くなぁ~!
と思う!



一方、今住んでいる鷺ノ宮には「文化」というモノは存在しない!

…と断言するのはいささか語弊があるかも知れないけど、やはり鷺ノ宮は「暮らす」街であって、「遊ぶ」街ではない!

「遊び」がない=「文化」が存在しない、というのも乱暴な言い方だけど、明らかに文化的なナニかを望める場所でないのは確かだ!

「文化」がないから駄目だと言っている訳でもない!

静かで空も広く住みやすい街だ!

以前は高円寺で「遊び」と「暮らし」の両者を兼ねていたけど、今は鷺ノ宮で暮らして文化圏に出向くという暮らしに変わった!

夜中に文化圏から生活圏に戻って来て針を落とすレコードが滲みる夜というのもなかなか静かな気持ちになれて心地好い!

「暮らす」街に引っ越して来てもうすぐ8ヵ月。

日常の中に泳ぐという行為が加わって、益々自分の中のロックンロールを深化させようと意気込んでいる初秋であります!

しかし遠くまで来たもんだ…!

ごきげんよう!




    ~ライブ情報~



★9月30日(月)
【ライスヘッズ】
@高円寺 ショーボ-ト


★10月14日(月・祝)
【オレンジズ】
@代々木 Zher the ZOO




   ~リリース情報~


『JAMBOREE /THE ORANGES』
ジャンボリー / オレンジズ

■収録曲
ジャンボリー
真っ赤なマイクロバス
ナンバー1
サンデー・ドライバー
クライベイビー
コーラ
恋なんて
ギンガム・チェック
ゲラゲラ60分
デイジー
リアライズ
エース
グッド・グッド・グッド
オー・ヌード
ノータッチ
仔犬と彼女
スター・スター
愛の子供

2011年5月25日 ON SALE
価格:¥2,310 品番:DQC-691
流通:BOUNDEE
[PR]
by maruokazumasa | 2013-09-13 16:03