<   2012年 10月 ( 15 )   > この月の画像一覧
出不精小生の課外活動。
昨夜はLOVE 9 Floorとネモトラボルタを観に下北沢へ…。

普段なら絶対にチャリンコで行くんだけど、夜に雨が降る予報だったので珍しく電車で…。

ライヴが始まる時間帯に合わせて乗る電車の混雑にはホントうんざりするばかり!

なんせ人混みが嫌いで、出不精極まりない小生なんで、いつもこんな電車に乗っている方々は偉いなぁ~とつくづく思いながら下北沢へ向かいました!




音楽仲間であると同時に、公私共に?!仲間である井倉真治率いるLOVE 9 Floorを久しぶりに観たんだけど、井倉真治の前向きさが以前よりも数段強く仕上がっていて、心が躍った!

なんか偉そうな言い方だけど、「メチャクチャ良くなったなぁ~!」だなんて…何様だ!

井倉真治、心底カッコいいと思ったのであります、はい!


これまた久しぶりに観たネモトラボルタは相変わらずのキチガイ振りに磨きがかかり、恐ろしくハッピーなステージに笑顔が途切れなかった!

クレイジーなんだけど、ネモト君のキッチリと音楽的なソングライティングと相まってグッとくる!

みんなの演奏もテンション高くてゴキゲンだしね!

素敵な夜だったなぁ!

e0196160_1418038.jpg

「帰り際にネモトラボルタやその他無数のバンドで素晴らしいベースを弾いている岡部晴彦と!晴彦はいつ観てもいつ会っても飛びっきり最高な奴なんだ!撮影、ハックルベリーフィンのハジ!」


LOVE 9 Floorとネモトラボルタの、とてもとても刺激的なライヴを観て、清々しい気持ちで電車に乗り高円寺へ…。


ショーボ-トにパトロールを終えてから、いつもの?!スタジオ、アフタービートに立ち寄り、買ったばかりのまだ足に馴染んでない靴でドラムの練習を…、いや、靴の練習!

まだ固い靴でペダルを踏むのは結構骨で…
でもドラム・シューズとかに履き替えるのは僕の美学に大きく反するので、時として僕にはこの靴の練習?!というものを余儀なくされる!


踏みやすい踏みにくいはあるものの、どんな靴でも踏めるというのが僕の信条!
更にはお気に入りの靴を傷めずに踏めるというのも必要条件!

e0196160_1418255.jpg

「しかし…まだこの靴では足が痛い…!もう少し馴染ませる必要が…」


靴の練習をしていると親友、兼田優一と遭遇!

お互い確認するでもなくアルコールとのデットヒートを!

近くのBar、Tailで朝方まで魂の練習?!と称して…!

実に実にいい呑みだった…!


出不精小生のちょっとした課外活動の夜は素敵な仲間との呑みで静かに幕を下ろしました…!

素敵に呑んでロックンロール!

ごきげんよう!



    ~ライブ情報~


★10月17日(水)
【オレンジズ】
新宿レッドクロス


★10月26日(金)
【屋宜昌登セッション(ロカビリー・セッション)】
西荻窪clop clop


★11月2日(金)
【ライス・ヘッズ】
高円寺 稲生座


★11月23日(金)
【オレンジズ】
新宿レッドクロス



   ~リリース情報~


『JAMBOREE /THE ORANGES』
ジャンボリー / オレンジズ

■収録曲
ジャンボリー
真っ赤なマイクロバス
ナンバー1
サンデー・ドライバー
クライベイビー
コーラ
恋なんて
ギンガム・チェック
ゲラゲラ60分
デイジー
リアライズ
エース
グッド・グッド・グッド
オー・ヌード
ノータッチ
仔犬と彼女
スター・スター
愛の子供

2011年5月25日 ON SALE
価格:¥2,310 品番:DQC-691
流通:BOUNDEE
[PR]
by maruokazumasa | 2012-10-11 14:19
吉祥寺、某スタジオの謎と不思議…!
オレンジズがリハをしているのは吉祥寺の古い某スタジオ。

ジェフ君が高校生の頃からずっと使い続けてるというから、かれこれ30数年使ってることになる!

驚きですね!

だから当然古い訳で、機材も充実しているとはお世辞にも言えない…まぁ正直なところ結構ショボい?!スタジオなのです…!

ショボいと言っても、それは今日の大手チェーン点のスタジオのような味気無い感じはなく、良く言えば味のある昔ながらのスタジオ!

実は結構気に入っていたりします!

それに、部屋は物凄く吸音するからとってもデッド!
オレンジズのような爆音バンドでも割りとスッキリ聴こえるのです!

今のところオレンジズではこのスタジオ以外でリハをしたこと無いので比べようがありませんが、慣れというかなんというか、オレンジズと言えばそのスタジオって感じで、不自由は全くない。



このスタジオ、古いのに加えてその成り立ちに実に謎なところがあって…!

と言うのは、僕がオレンジズに加入して4、5年、当然頻繁にこのスタジオへ通う訳ですが、この4、5年の間で僕らオレンジズの予約の前の時間や、練習の後の時間に他のバンドやお客さんの姿をほとんど見たことがない!

部屋は2部屋あるんだけど、隣の部屋にお客さんが入って居るのもほとんど見たことがない!

全く大袈裟な言い方でもないし、嘘でもなく、本当にこの4、5年で僕らの前後のお客さんや隣の部屋のお客さんの姿を見たのは10回ぐらいしかない!

本当に…!

いや、もしかしたら10回を切るかも知れない!

しかも僕らオレンジズは昼間にリハしたり夜間リハしたり…時間帯もバラバラなのですが、どの時間帯でも絶対に他のバンドやお客さんの姿はない!

いやいや、本当に本当に…本当の話し!

一体どうなっているのでしょうか?

さながらオレンジズのプライベートスタジオ?!のような…!

とはいえ、キッチリ毎回予約して、予約時間内でリハを終えて、尚且つスタジオの店員さんとも特に仲良くなる訳でもなく、あくまでも店とお客さんの関係でずっと来ている…!

この店員さんと言うのがまた恐ろしく謎で、想像するに武蔵野市で5本の指に入るんじゃないかと思うほどに無口で愛想がない…!

むしろ愛想悪い…?!

これだけ顔合わせてりゃ、少しぐらい会話や笑顔があってもおかしくないだろうに…!

ただ、決して感じ悪いとかムカつくとかでもない…!

とにかく無愛想で機嫌悪そうな店員さんで、ちょっとおっかない!
それもまた昔ながらのスタジオって感じ!


僕は昔から割りに「挨拶」というものに重きをおいてるので、スタジオに入る時も必ず店員さんに「おはようございます!」と言って入るし、帰る時は「お疲れさまです!」だったり「ありがとうございました!」だったり言う!

まぁ、普通の事です…はい。

でも、既にお分かりとは思いますが、その店員さんからの返答は勿論…ない!(厳密に言うと無かった…)

そうだなぁ~、僕がこのスタジオに通い出して2年ぐらいは返答無かったんじゃないかな?

それでも僕としては特に気を悪くする訳でもなく、まぁそれが当たり前のように感じながら通っていたのです…!

でも、さすがに頻繁に通っているとどうしても会話しなきゃならない事態も起こる訳で…。

例えば3日後にまたスタジオの予約をしているから、それまでシンバルを預かってもらえませんか?とか、忘れ物した時に「先週…を忘れたんですけど、見ませんでしたか?」とか…。


相手の対応に関わらず、常に笑顔で話しかけ、常に挨拶をキッチリしていると、いつの間にか店員さんも、目をそらしたまま小さい声で「お疲れさまです…」と返答してくるようになった!

ちょっと進歩!

そして最近は目を見て「お疲れさまです!」や「おはようございます!」と言ってくれるようになった!

なんかちょっと彼の心が開いたようで嬉しかったりする!

依然としてそれ以外の会話は全く皆無ですが…!

石の上にも三年!

まさに約三年越しで彼の石のような心が少し開いたのかも知れません!

別に彼と仲良くしたいだなんて1ミクロも思いませんが、袖ふれあうも多少の縁!

なんだか微笑ましく感じています!


そのスタジオで店員をやっていて、どれぐらいの稼ぎがあるのか?
どんな暮らしをしているのか?
謎はまだまだ沢山残りますが…!




そして、多くのスタジオにあるように、そのスタジオにもポイント制度があり、ポイントが貯まればその日のスタジオ代がただになったり、割り引きになったり…。(これがまた、結構貯まるんです!)
まぁ良くある話しですね!

僕らの前後にお客さんが居なくて、オレンジズがリハに来て、貯まったポイントで精算したら…その日の売り上げは…???

人件費は…???

維持費は…???


全く持って謎だらけ!


オレンジズのリハだけで経営が成り立つ訳は当然ない!
一体どうやって経営してるんだろうか…?!

しかもたまぁ~に地味に機材がバージョンアップされている!

先日はシンバルが新品になっていたし、マイクも新しくなっていたし…!

もうハッキリ言っちゃいますが、大大大赤字ですよ!

謎です…!


7日土曜日も、僕はいつものようにシンバル類とスネアとペダルを持ってスタジオへ…。

挨拶してセッティングして…

なんと、肝心のスティックが鞄に入ってな~い!

何しに来たんだ…!

でもだいたいスタジオにはスティックや弦やピックや…消耗品は販売しているから…。

カウンターへ行き「すいません、スティック置いてます?」と。

すると店員さん「…スティック…あぁ~、あったかな?」とあちらこちらをゴソゴソ…。

僕は僕で、もしスティックなかったらどうしよう?と少し焦り始めた頃、店員さんがカウンターの下の奥の方からスティックを取り出して「あ、ありました!」

ホッと胸を撫で下ろし「幾らですか?」と聞くと、「値段が解らないんですよ…」と店員さん!

とりあえず千円渡して「足りなかったらまた言って下さい!」と言い残してスタジオへ。

さぁリハーサル!

購入したばかりのスティックはPerlのB級品を大手楽器店が激安で売ってる代物!

しかも…しかも…左右で違うモデルではないか…!!


太さも長さも左右で違う…!
e0196160_23572217.jpg

「長さも太さも左右違うスティック!もう要らない!」

まぁスティック忘れた自分が悪いと諦めてリハーサル!

リハを終えてカウンターへ行くと店員さんが「さっきのスティック、500円でした!だから500円返金します…」とのこと!

左右違うスティックを売ったとも知らずに店員さんは、オーナーに電話するかなんかして、彼なりにスティックの値段を調べたのでしょう…。

これもまた微笑ましいし、何かどこか良心的に感じる…!

僕は勿論、スティックの左右が違ってた事は言わずに気持ち良くその500円を受けとりました!



こんなスタジオだけど、どこか憎めなくて…むしろ愛着さえわいて来て…!

こんなところでオレンジズはリハーサルを重ねております!

こんなところでロックンロールしています!


ある意味このスタジオもロックンロールだなぁ!
経営の謎はさておき、潰れないでいてくれたらそれでいい…!

謎のスタジオのお話しでした!










今日は奥さんと吉祥寺でお買い物。

欲しかった靴や冬物のコートや…!

そして夫婦二人でディスクユニオンへ…!

僕ら夫婦にとっては禁断の場所なんですがついつい…!

欲しいCDやレコード、まだまだ沢山沢山ありますから…!
結局服や靴やCDやらで…かなりの散財!

二人で一月の家賃分ぐらいは買い物してしまいました…!
やれやれ…!

節約の秋が強いられる事は日の目を見るより明らか…!


自炊と節約のロックンロールな日々がまっています!

e0196160_23571787.jpg

「奥さんによる麻婆豆腐と、竹の子のスープ!」
e0196160_23571539.jpg

「奥さんによる山菜蕎麦と、ミョウガの味噌あえと、レンコンのキンピラ!」

最近はまた奥さんに料理を任せっ放しですが、掃除や洗濯…家事全般は多いに奮闘しとります!


そして…最近涼しくなって来たので、午後のお茶は久しぶりに梅昆布茶!
e0196160_23571941.jpg

「アケちゃんにもらった可愛いファイヤーキングで梅昆布茶を飲む背徳感と罪悪感…」



今夜は今日の戦利品、ツェッペリンのブート、77年7月17日のシアトル、キングドームのライヴブートと、フィジカルグラフティのアウトトラック集、ロスト・セッションズvol.10で興奮が覚めそうにない…!

ワクワクしながら美味しく食べてロックンロールであります!

ごきげんよう!





    ~ライブ情報~


★10月17日(水)
【オレンジズ】
新宿レッドクロス


★10月26日(金)
【屋宜昌登セッション(ロカビリー・セッション)】
西荻窪clop clop


★11月2日(金)
【ライス・ヘッズ】
高円寺 稲生座


★11月23日(金)
【オレンジズ】
新宿レッドクロス



   ~リリース情報~


『JAMBOREE /THE ORANGES』
ジャンボリー / オレンジズ

■収録曲
ジャンボリー
真っ赤なマイクロバス
ナンバー1
サンデー・ドライバー
クライベイビー
コーラ
恋なんて
ギンガム・チェック
ゲラゲラ60分
デイジー
リアライズ
エース
グッド・グッド・グッド
オー・ヌード
ノータッチ
仔犬と彼女
スター・スター
愛の子供

2011年5月25日 ON SALE
価格:¥2,310 品番:DQC-691
流通:BOUNDEE
[PR]
by maruokazumasa | 2012-10-09 00:00
僕は…僕らはバンドマンなんです!
6日、高円寺の「ペリカン時代」で東京ローカルホンク、木下弦二さんの弾き語りを観てきました!

惚れ惚れする歌声とギター、自分の日常に投影しながら聴き入れるリアルな歌詞や、面白い言葉が胸に届く素晴らしいライヴでした!

本当に心に沁みるライヴは物凄い説得力だった!

自らの今までの人生を、素敵な部分も罪深い部分も全部ひっくるめて呑み込んで、歌や音楽で吐き出してるような弦二さんの弾き語りに何度か涙腺が緩み、深い感動を得ました!

震災以降、子供さんの事を考え福岡に移住して音楽を続けている木下弦二さん。

自分とキッチリ向き合い、先を見据えるような凛とした佇まいや歌はあまりにも美しい!

日常の「おかしな事」や、社会や周りや本人自身に対するある種の「異議申し立て」を含む言葉は、どかしら僕の中にあるブルースを代弁してくれているように感じて、胸が震える…!

きっと聴いていた人達もそんな思いを抱いたんじゃないかな?

僕の心の深い部分を刺激するライヴを観終わった後は、なんとも言えない爽快感に見舞われた!




ライヴの後、一緒に観に行ったタマコヲォルズの西池崇先輩と木下弦二さんとで沢山沢山、本当に沢山お話しをしました!

弦二さんは話しの中で、自分の背景を消したい…、背景を排除したところで自分が歌う歌を、歌として独立した「形」を感じ取って欲しい…云々言っておられました!

確かに頷ける事です…。

でも、僕は決して弦二さんの背景を良く知っている訳ではない!

ほぼ先入観のない状態で弦二さんの歌を聴き、僕のブルースに投影させて共感したり胸が震えたりした訳です!

そして、背景を消そうにも、今まで生きてきた背景は歌だろうが楽器を演奏する事だろうが、絶対にその背景は音に反映されるものだと思っています!

逆に、それが反映されないミュージシャンにはそそられない…、少なくとも僕はそそられない…。

今、木下弦二さんが自分の背景を消して、歌の「形」を感じて欲しいと言うなら、それは正しい事だし、立派な挑戦だと思うけど、実際聴き手は意外と「形」を勝手に感じて胸が震えてるし、その中には自然と木下弦二さんの背景が含まれているんだと思う!

今、弦二さんが背景を消したいと自然と思いながら歌ってる事は、こちらも自然と背景を感じながら聴くという事と同じぐらい自然で普通な事なんしゃないかな?


僕は、背景云々のところで弦二さんの歌を聴いてないし、背景を感じに行った訳でもない!ただただそこにある「歌」に感動しただけで…。

その感動には背景も自ずと含まれている筈だけど、それは無意識レベルの話しだからね…!



一方僕は、背景みたいなモノを合奏に載せてロックンロールしたいと常々思っています!

具体的な何かでは無いけど、仲間とスタジオで感じた一体感や高揚感…、そんな言葉に出来ない昂りを観る人が、聴く人がライヴで少しでも感じ取って欲しいと…!

僕はそのように思っています!


そんな風に木下弦二さんや西池崇さんと話していて思ったのは、僕らドラマーは、高揚感を伝えたりするにも、そのマテリアルは誰か仲間が作ったモノを介しての事…。

そのマテリアルを産み出した人、つまり作曲者は常にそんな悩みを感じているんだなぁ〜!と。

自ずと木村ひさしの顔が浮かぶ訳です…!

僕はいつでもどこでもClingonを今すぐにハイテンションで合奏出来ます!

でも作り手、つまり作曲者はその合奏がどんな「形」で伝わるのか…?
一番気になるところだろう?!

僕の立場は大好きなClingonの曲を胸いっぱいの気持ちで叩くという立ち回りだけど、どこか無責任なところもあるような気がする…。

ミュージシャンとして、ドラマーとして、もう少し作曲者の立場に近いところで感じて叩けるように成りたいと…、そんな事を思った夜でした!


話し込むうちに、東京ローカルホンクのドラマー田中邦雄さんや、ペリカン時代のマスターでペリカンオーバードライブのギターボーカル、増岡謙一郎さんも加わって、語り合いというかディスカッション?!

音楽を肴に、バンドという共通項を共有して熱く語り合いました!


なんだか大学生の頃のような語り合いだったけど、こんな風に語り合うのって普通に大切で必要な事なんだ…!


敢えて言わせてもらいますが、僕も含めてみんな「昨日今日」じゃないバンドをやっているバンドマン!

考える事、話す事は尽きません…!




木下弦二さんの弾き語りに纏わる夜のささやかな出来事は、僕にとって素晴らしい経験でした!

今までいろんな事があったし、これからもいろんな事があるんだろうけど、僕は「バンドマン」で良かったなぁ!


僕は…僕らはバンドマンなんです!




    〜ライブ情報〜


★10月17日(水)
【オレンジズ】
新宿レッドクロス


★10月26日(金)
【屋宜昌登セッション(ロカビリー・セッション)】
西荻窪clop clop


★11月2日(金)
【ライス・ヘッズ】
高円寺 稲生座


★11月23日(金)
【オレンジズ】
新宿レッドクロス



   〜リリース情報〜


『JAMBOREE /THE ORANGES』
ジャンボリー / オレンジズ

■収録曲
ジャンボリー
真っ赤なマイクロバス
ナンバー1
サンデー・ドライバー
クライベイビー
コーラ
恋なんて
ギンガム・チェック
ゲラゲラ60分
デイジー
リアライズ
エース
グッド・グッド・グッド
オー・ヌード
ノータッチ
仔犬と彼女
スター・スター
愛の子供

2011年5月25日 ON SALE
価格:¥2,310 品番:DQC-691
流通:BOUNDEE
[PR]
by maruokazumasa | 2012-10-08 01:58 | Diary
ええバンドは絶対に解散せんとって欲しいなぁ!
僕は大阪府高槻市で生まれ育ち、24歳まで高槻市に住んでいました。

その後実家が滋賀県に移り住み、約一年程滋賀県で暮らし、25歳で上京して今に至ります。

つまり、生粋の関西人です。


大阪で生まれて、大阪でロックンロールに出逢い、大阪で童貞を棄て、大阪で夢見て…東京に出て来ました!

云わば田舎者です!

大阪と言えども高槻市は自然も沢山あり、ヤンキーや田舎ヤクザの沢山居る田舎街です!


思春期の頃から、少しでも早く大阪を去りたい…東京に行きたいと思っていた、典型的な田舎者です!

そして、そんな田舎者にありがちな価値観…関西にはなんの思い入れもない、故郷持たずです…。
勿論生まれ育った高槻市は懐かしいし、沢山沢山の仲間や、今では微笑ましい思い出となっている何人かのかつての恋人達が居る高槻市のことは今でも大好きです!

でも今は、僕はこの高円寺が大好きだし、ここが第二の故郷だと感じています…。

だから関西にはなんの誇りも感じないし、高槻市にまた住みたいとも全く思いません…。

大阪はただひたすら懐かしい場所でしかありません。

こんな僕ですが、大阪で出会った沢山の音楽の先輩方や仲間には未だもって頭は上がらないし、大阪で培ったものはかけがえのない財産です!


でも、やはり僕は関西に思い入れや誇りは持ち合わせていない。


そんな僕ですが、関西の音楽シーンで誇りに思うバンドがあります。

それはTHE SAVOY TRUFFLEと憂歌団。

関西でしかあり得ない、世界向けのバンド!

ホンモノのロックンロール!(ロックンロールって表現はあくまでも僕の私感であって、本人達の思いとは違うかも知れませんが…あえてロックンロールと言わせて頂く。)

僕は関西でホンモノを見せつけられたからこそ、東京でもホンモノにしか興味を持たない…!



前置きが長くなりましたが、憂歌団のドラマー、島田和夫氏の訃報触れ、非常に寂しく感じています。

関西で…大阪で生まれ育って、大阪でロックンロールに目覚め、気がつけば目の前に居た憂歌団。

ホンモノのロックンロールバンド!

解散したけど、絶対にまたいつか朗らかにやってくると思ってた…。

まだまだ亡くなる歳じゃないし…。

いつかまた、木村さん、内田さん、花岡さん、島田さんで、ヨボヨボになっても復活して、憂歌団をやってくれると期待してた…。



でも、島田さんが亡くなってしまったら…。

もう観れないんですね…。当たり前だけど…。

敢えて言いますが、関西人として本当に寂しく思います…。

エセ関西人として…。



バンドって解散せんとって欲しいなぁ。

ええバンドは絶対に解散せんとって欲しいなぁ。



…と願うばかりです…。

島田和夫氏から頂いた夢は忘れないように刻んでいきたいと思います。


いつの日か、神戸チキンジョージで観た憂歌団のライヴで、島田和夫氏がステージの前まで出てきて披露された「舞い」!

その時の粋な笑顔はずっと忘れません。


胸がいたい…




    〜ライブ情報〜


★10月17日(水)
【オレンジズ】
新宿レッドクロス


★10月26日(金)
【屋宜昌登セッション(ロカビリー・セッション)】
西荻窪clop clop


★11月2日(金)
【ライス・ヘッズ】
高円寺 稲生座


★11月23日(金)
【オレンジズ】
新宿レッドクロス



   〜リリース情報〜


『JAMBOREE /THE ORANGES』
ジャンボリー / オレンジズ

■収録曲
ジャンボリー
真っ赤なマイクロバス
ナンバー1
サンデー・ドライバー
クライベイビー
コーラ
恋なんて
ギンガム・チェック
ゲラゲラ60分
デイジー
リアライズ
エース
グッド・グッド・グッド
オー・ヌード
ノータッチ
仔犬と彼女
スター・スター
愛の子供

2011年5月25日 ON SALE
価格:¥2,310 品番:DQC-691
流通:BOUNDEE
[PR]
by maruokazumasa | 2012-10-04 16:55 | Diary
サンキュー真夜中の発明品!
昨夜、佐々木健太郎プレゼンツ「真夜中の発明品vol.16」、メチャクチャ楽しい夜でした!

台風の中お越し下さった皆様、本当に本当にありがとうございました!



39歳にして、自分名義で弾き語りをするのは、厳密には初めての体験でして…!

昔、とあるイベントでカバー曲を2曲弾き語ったり、仲間の結婚式で弾き語ったり、マルオエイドでバンド従えてギター持って1曲歌ったり、フレディ・マーキュリーに扮してクイーンを熱唱したり…あとはドラム叩きながら歌ったり…そんな体験はあるけど、今回みたいに丸尾和正として普通にガッツリ弾き語りするなんて…もう緊張し過ぎて発狂しそうでした!

しかも共演者である平泉光司も佐々木健太郎も、完全に自分の世界を持った、素晴らしすぎるシンガーソングライターにして、最高のバンドマン!

その中で弾き語りするなんて身の程知らずも甚だしい…!

最初、佐々木健太郎にこの企画を聞かされた時、カバーとClingonの曲と一曲ぐらいオリジナルでって考えてたんだけど、それじゃあ余りに無責任かな?と思い、持ち時間の20分で5曲のうち、4曲はオリジナルで、1曲だけビートルズのカバーで臨んでみました…!

ギリギリまで歌詞が出来なかったりして、ハラハラな日々を送っていましたが、一番ハラハラしたのは本番!

ギターの音作りから何から…平泉光司に沢山世話になりながら本番に臨みましたが、緊張し過ぎて光司君に「ありがとう」も言えないぐらいの精神状態!

当たり前だけど、巧みさなんて微塵も持ち合わせていないから、下手でもとにかく全力で歌い切った…!

本番終わってもしばらく指先が震えていたけど、そのプレッシャーと緊張がゆっくり溶けていくと共に、次はもっとしっかりやりたいなぁ~!だなんて、ド厚かましい事を考えてしまったりして…!

我ながら無謀だけど、弾き語りする事でドラム感もまたより音楽的になるんじゃないかな?と感じ…また挑戦しようと思います!


自分の出番を終えて、袖で平泉光司と佐々木健太郎の弾き語りを観てると、今までとは見えかたも違って感じたりして、改めてこの二人や弾き語りでカッコいい人達を尊敬しました!

平泉光司の巧みにして感情を揺さぶる音楽や、佐々木健太郎の真っ直ぐで心をわしづかみするような音楽が、今まで以上に沁みた…!

平泉光司も佐々木健太郎もホントカッコいい!


貴重な体験をさせていただきました!


弾き語りのプレッシャーと緊張が溶けた後のセッションは、強烈な解放感でドラムが叩けて…、こんな解放感の中でドラム叩けたのも初めての体験!

セッションでの合奏は僕ら三人共、掛け与えなく素晴らしい演奏だったんじゃないかな?

とにかく楽しくて楽しくて、身体全体で笑顔になれました!


こんな楽しい時間と、僭越ながら小生の弾き語りにお付き合い頂き、瞬間を共有してくれた佐々木健太郎と平泉光司、そして何よりも台風の中お越し頂いた皆様方に感謝の気持ちでいっぱいです!

緊張もプレッシャーも含めて、本当に心から楽しい夜でした!

オーガナイザー佐々木健太郎が昨夜、台風が去ったらチリや埃が洗い流されて、清々
しい空気になると…言ってたけど、昨夜の楽しい時間を共有してくれた皆様がこの清々しい空気の中で笑顔で過ごせていればと!

願わくはその笑顔のほんの一部が、昨夜の僕達の楽しい時間によってもたらされていたとするならば、そんな幸せなことはありません!



そして、生憎の台風でご来場出来なかった方々には、また次もこのような夜を約束すると共に、その約束が笑顔の源の一端を担えたらと思っております!


では写真を…
e0196160_1339641.jpg

「この日のオリジナルカクテルの名前は、《アフタービート》!僕らがいつもリハをしているスタジオの名前です!リハした時間よりも長い時間呑んだりもしている店です!テキーラをベースにコーラとジンジャーエール!これがアフタービートの味?!」
e0196160_12433793.jpg

「佐々木健太郎オンステージ!撮影、平泉光司」
e0196160_12514711.jpg

「平泉光司オンステージ!撮影、小生。僕の携帯は画像がイマイチで…」
e0196160_1243301.jpg

「丸尾和正オンステージ!撮影、平泉光司」
e0196160_12514362.jpg

「セッション!撮影、ナイトウアキコ嬢」


ありがとうございました!

ごきげんよう!





と、ここまで書いたら光司君からのメール!

昨夜の録音した音源を送ってくれた…!

恐ろしいけど、キッチリ聴いて精進します!


ではでは…。




    ~ライブ情報~


★9月30日(日)
【丸尾和正】
下北沢BAR CCO
《真夜中の発明品 vol.16》」
●出演:佐々木健太郎(アナログフィッシュ)
ゲスト:平泉浩司(COUCH)/丸尾和正(クリンゴン)
●OPEN:19:00~/START:20:00~
●CHARGE:\2,500-(+2drink \1.000-)
●会場:下北沢BAR CCO(バル シーシーオー/下北沢440系列のワイン&イタリアンバー)
●地図等参照→http://www.cotoc.co.jp/
CCO TEL.03-3414-2444[18:00~]

●この公演はメール予約が必要です。
・席数になり次第立ち見となりますので御了承下さい。
・立ち見枠もいっぱいになった場合はキャンセル待ち扱いとなります。
・予約受付は、8月31日の17:00より、cco@club251.co.jpにてメール受付します。
・メール送信の際は、
件名に:9/30「真夜中の発明品 vol.16」予約希望
・本文に:名前(フルネーム)、電話番号、予約希望人数
を明記して送信して下さい。
cco@club251.co.jpからの返信メールをもって受付完了となります。
※注意:携帯メールの場合など、cco@club251.co.jpからのメールを受信出来るよう設定
しておいて下さい。
受信後、返信メールを遅くても2日以内に送信させて頂きますが、届かない場合は御連
絡下さい。
TEL=03-5481-7444(two f


★10月17日(水)
【オレンジズ】
新宿レッドクロス


★10月26日(金)
【屋宜昌登セッション(ロカビリー・セッション)】
西荻窪clop clop


★11月2日(金)
【ライス・ヘッズ】
高円寺 稲生座


★11月23日(金)
【オレンジズ】
新宿レッドクロス



   ~リリース情報~


『JAMBOREE /THE ORANGES』
ジャンボリー / オレンジズ

■収録曲
ジャンボリー
真っ赤なマイクロバス
ナンバー1
サンデー・ドライバー
クライベイビー
コーラ
恋なんて
ギンガム・チェック
ゲラゲラ60分
デイジー
リアライズ
エース
グッド・グッド・グッド
オー・ヌード
ノータッチ
仔犬と彼女
スター・スター
愛の子供

2011年5月25日 ON SALE
価格:¥2,310 品番:DQC-691
流通:BOUNDEE
[PR]
by maruokazumasa | 2012-10-01 12:54