<   2013年 06月 ( 7 )   > この月の画像一覧
サンキュー・オレンジ・タイム!
昨夜もありがとうございました!

心底楽しいゴキゲンなオレンジ・タイムを過ごせて幸せいっぱいいっぱいでした!

オレンジズは僕が加入してからはプラネットKでのライヴは初めてで、新鮮な風景の中メンバーの背中やフロアの皆さんの顔を見ながら幸せを噛み締めてロックンロールしました!

素敵な夜をありがとうございました!




対バンのお客様にも随分優しく?!していただき、お陰様で楽しいショーになりました!


更には懐かしい仲間が対バンだったりもして…!

素敵な夜に酔いました!

また逢いましょう!

ごきげんよう!



    〜ライブ情報〜


★8月24日(土)
【オレンジズ】
@ 下北沢ガレージ
“オレンジズ★BIG★ショー2013”
●開場18:00 開演18:30
●前売り¥2,300 当日¥2,800(共に+1ドリンク)
●オレンジズのホームページ及び
maruokazumasa@gmail.com
にて予約受け付け中です。
公演日、お名前、枚数を明記の上メールしてください。
折り返し予約完了のご連絡を致します。



   〜リリース情報〜


『JAMBOREE /THE ORANGES』
ジャンボリー / オレンジズ

■収録曲
ジャンボリー
真っ赤なマイクロバス
ナンバー1
サンデー・ドライバー
クライベイビー
コーラ
恋なんて
ギンガム・チェック
ゲラゲラ60分
デイジー
リアライズ
エース
グッド・グッド・グッド
オー・ヌード
ノータッチ
仔犬と彼女
スター・スター
愛の子供

2011年5月25日 ON SALE
価格:¥2,310 品番:DQC-691
流通:BOUNDEE
[PR]
by maruokazumasa | 2013-06-30 11:36 | Diary
大切なデートに備えるような、、、!
昨日は高円寺で歯医者の定期検診に行き歯をクリーニング!

昨年40歳を前に歯を一掃?して以来40歳を迎えた今も歯の定期検診には必ず出向き来るべき老いという大敵に備えています!

記憶するところでは多分18歳ぐらいに歯医者にいったのが最後…!

以来20年間ぐらい歯医者に行ってなかったから、物凄く怖いイメージがあったんだけど、その20年間で歯科業界?も随分進化を遂げたようで、今では歯医者に行ってクリーニングしてもらうのが楽しみににさえなりました!

何にせよ歳を重ねるにつけ許容出来るモノが増え、それに伴い全く興味の湧かないモノには一切目もくれないという傾向が強まってきてるように思う…!

いいのか悪いのかは解りませんが、好きなことだけに夢中になったり集中したり、自分の中で旬なモノに真っ直ぐ向き合うにはいい傾向かな?なんて思いながら周りに迷惑かけつつ暮らしてるな…!


歯をクリーニングしてもらった後は同じく高円寺で整骨院へ!

コッチコチに固まったイチモツを…じゃなくて肩や腰の筋肉をほぐしてもらいにマッサージ!

ファッションマッサージじゃありません!
あくまでも健全なマッサージ!

別にファッションマッサージを不健全だと否定している訳ではありませんが…!

中学生の頃からマセガキだった僕は肩や腰までマセていて、当時からずっと肩こりに悩まされ続けておりまして…!

そのコッチコチに固まった筋肉をジックリほぐしてもらい血行も良くなったところで次は美容院へ…!

こちらも勿論高円寺!

恥ずかしながらポール・ウェラー先生の写真を持参して美容院へ行くのですが、これがなかなか気恥ずかしい…!

身長165cmに僅か届かない小柄な典型的日本人体型の冴えない40歳自称ロックスターがポール・ウェラー先生の写真持って「こんな風にして下さい…」だなんて、陰で「マテリアルが違うんだよ!バ~カ!」なんて言われてそうですが、そこは憧れなんだからしょうがない!

気恥ずかしさを憧れの感情でねじ伏せて今回も「…こ、こんな感じで…」と、オーダーする小生…。

美容院に来る度、鏡の中の自分の顎のラインに絶望を禁じ得ないのだけど、その赤裸々な鏡の中の自分を見るにつけ「次切りに来るまでには痩せよう…」と心の中で誓ったのは今回で何度目だろうか…?!

いやいや、本当に次迄には痩せておこう…!

自称売れないロックスターが小太りだったら益々目も当てられないからね…!


美容院で見果てぬ夢に破れた後は僕の憩いの空間、「ペリカン時代」で腹ごしらえとビール!
e0196160_11482242.jpg

割りと久々に顔を出せたペリカン時代でマスターの増岡氏とロックンロールの話しをしながら頂いた南インドチキンカレーは絶品!


マッサージ効果で血行が良くなった僕の体はスポンジのようにアルコールを吸収し、ビール僅か二杯でスッカリ酔っ払い…!

気持ち良くなったところで吉祥寺へ…オレンジズのリハ!
e0196160_11483223.jpg

ほろ酔いリハーサルには馴染んだベッドの鳴りがこれまた染みる…!

すっかり気持ち良くなったところから始めたリハーサルは終わる頃はヘロヘロ…!

マッサージ後の飲酒は要注意ですね!はい!



と、まぁ大切なデートの前日のように完璧な準備を整えて今夜のショーに臨もうと意気込んでおりますんで、今夜吉祥寺で思いっきり愛し合いましょう!

お待ちしております!








今日の腹ごしらえは…

先日、高円寺の商店街で野菜が激安だったので衝動買いしたイタリアントマトとエリンギとニンジンと鶏肉で意味不明の炒めもの!
e0196160_11482877.jpg

ニンニクをすりおろしてオイスターソースを少々、醤油は更に少々垂らして作ってみた物件がメチャクチャ美味しくて…!
e0196160_1148257.jpg

激安だったサラダ菜とレタスと我が家で摂れたパセリも加えグリーンサラダも…!

自家製ドレッシングで美味しくいただきます!


バッチリ食べたらお庭でホンノリ一服!

e0196160_11483938.jpg

「あじさいの色が移り変わるのが楽しい」
e0196160_11481990.jpg

「芝生は育たない箇所があって、やや歯抜け状態に…やれやれ…」



さて、シャワーを浴びて最高のロックンロールを奏でられるよう備えます!


素敵なデートになりますように…!
ごきげんよう!




    ~ライブ情報~




★6月29日(土)
【オレンジズ】
@ 吉祥寺 プラネットK


★8月24日(土)
【オレンジズ】
@ 下北沢ガレージ
“オレンジズ★BIG★ショー2013”
●開場18:00 開演18:30
●前売り¥2,300 当日¥2,800(共に+1ドリンク)
●オレンジズのホームページ及び
maruokazumasa@gmail.com
にて予約受け付け中です。
公演日、お名前、枚数を明記の上メールしてください。
折り返し予約完了のご連絡を致します。



   ~リリース情報~


『JAMBOREE /THE ORANGES』
ジャンボリー / オレンジズ

■収録曲
ジャンボリー
真っ赤なマイクロバス
ナンバー1
サンデー・ドライバー
クライベイビー
コーラ
恋なんて
ギンガム・チェック
ゲラゲラ60分
デイジー
リアライズ
エース
グッド・グッド・グッド
オー・ヌード
ノータッチ
仔犬と彼女
スター・スター
愛の子供

2011年5月25日 ON SALE
価格:¥2,310 品番:DQC-691
流通:BOUNDEE
e0196160_11483568.jpg

[PR]
by maruokazumasa | 2013-06-29 11:56
オレンジズ ニューアルバムのリズム録り良好に完了!
去る25日はオレンジズのニューアルバムに向けてのリズム録り第二弾!

自慢の70年代ラディックを車に積んでバッチリきめて参りました!
e0196160_3575787.jpg

e0196160_3574429.jpg

「いつ見ても美しい我が愛機!」


オレンジズのレコーディングは完全DIY方式で、仮のトラックにクリックが入った状態のものをジェフ君が用意してくれて、それに合わせてギターとベースと合奏して、同じブース内でジェフ君がエンジニアリングするという手法!

しかも録音する場所は所謂レコーディングスタジオじゃなくて公共施設の「音楽室」!
e0196160_3575346.jpg


「お堅い公共施設だからこんな札が掲げられます!これいつ見ても笑える!」

機材も全て持ち込んでレコーディングします!


コンセプトもアルバムの指針も実務的なトラックの作成もエンジニアリングも…そして自らの実演もこなすジェフ君の働きぶりにはいつも頭が上がりません…はい!



このようにゆっくりゆっくりですが確実にアルバムが仕上がっていく訳です!

最高にごきげんな作品に仕上げるんで、どうぞお楽しみに!



今回でドラムは録り終わり、後はダビング作業や歌入れになりますが、これからもまだまだ長い長い道のり…!

なんせオレンジズは20周年だから、じっくり最高のアルバムをお届けしたく奮闘の日々であります!




その前に29日はオレンジズのショー!

レコーディングと並行しながら最高のロックンロールを実演しますんで、当日雨だろうが晴れだろうが…ショーでしか逢えないあなたと思いっきり愛し合いたいと…!

ロックンロールな逢い引きに期待を膨らませております!

愛し合いましょうね!


ごきげんよう!




    ~ライブ情報~




★6月29日(土)
【オレンジズ】
@ 吉祥寺 プラネットK


★8月24日(土)
【オレンジズ】
@ 下北沢ガレージ
“オレンジズ★BIG★ショー2013”
●開場18:00 開演18:30
●前売り¥2,300 当日¥2,800(共に+1ドリンク)
●オレンジズのホームページ及び
maruokazumasa@gmail.com
にて予約受け付け中です。
公演日、お名前、枚数を明記の上メールしてください。
折り返し予約完了のご連絡を致します。



   ~リリース情報~


『JAMBOREE /THE ORANGES』
ジャンボリー / オレンジズ

■収録曲
ジャンボリー
真っ赤なマイクロバス
ナンバー1
サンデー・ドライバー
クライベイビー
コーラ
恋なんて
ギンガム・チェック
ゲラゲラ60分
デイジー
リアライズ
エース
グッド・グッド・グッド
オー・ヌード
ノータッチ
仔犬と彼女
スター・スター
愛の子供

2011年5月25日 ON SALE
価格:¥2,310 品番:DQC-691
流通:BOUNDEE
e0196160_3575043.jpg

[PR]
by maruokazumasa | 2013-06-27 04:00
ライス・ヘッズのライヴの事とか…!
昨夜は目眩くインプロビゼーションのスパイラルと、ファンキーでロッキンなライス・ヘッズのライヴ、瞬間を共有して下さった全ての皆様、ありがとうございました!
e0196160_2015267.jpg


夢中で醒めることのない瞬間の連続を思う存分楽しませて頂き、心から幸せを噛み締めた夜と相成りました!

いつでもこの偉大な先輩方との合奏には猛烈な期待感がある!

会話してるような合奏で(しかもかなり熱血な会話!)、話の脱線も含めて常に夢中な「会話」が楽しくてしょうがない!

瞬間的に誰かの音に感動して反応して、その自分の反応にまた感動して…!

様々な伝線で織り成す合奏の瞬間が快感です!



基本的にはリーダーであるヤッサンがテーマを出して会話が始まるのだけど、リーダー本人自らがテーマを逸脱することもしばしば…!
それがまた面白い!
そしてヤッサンは物凄い速さで圧巻のブローしてくる瞬間が神の降臨のようでゾクッとする!
e0196160_2014525.jpg



ギターの太田雅人氏は常に感情剥き出しの裸ギターでそのテーマに様々な話し方で斬り込んで来る!
しばしばテーマに対するアンチテーゼとも思える斬り込み方は社会派太田氏の得意とするところ…!
そこからまた会話が広がる…!


ベースの石崎義文氏は口数こそ少ないものの、首尾一貫した主張と会話のトーンで僕達を心底安心させる「太い」話口が素晴らしい!
そしてその一言一言にだれもがひれ伏す説得力がある!
が故にたまにブンサン(石崎氏)がチャチャを入れるとその話が猛烈に印象に残るという美味しい大先輩!
とにかくぶっといベース!


パーカッションのラクさんは異常なまでに会話の流れを逸脱するという、ある意味別の宇宙からぶっ飛んで斬り込む自由人!
なんせ赴くがままに迫ってくる打楽器の連打は法則も何も踏み倒して「人間そのもの」を表現している!
e0196160_2015721.jpg



そして僕は…そんな素晴らしい先輩方に煽られたり煽ったりしながら裸でぶつかって感情の全てをぶちまける…!
e0196160_20151076.jpg



魂の解放と呼ぶに相応しいライス・ヘッズの合奏は本当に常に振り切った状態で臨むから、終わった後はぐったりです…!
しかも心地好いぐったり…!
ビシビシ感じちゃった後みたいなね…!


瞬間に集中し過ぎて、合奏直後でも自分が何やったか覚えてないぐらい…!
瞬間が全て…!

命を燃やしたと実感出来る合奏に見も心も脱け殻と化しました!

幸せ幸せ…!


会場の「千歳烏山つぼ」がまた素敵な空間で、落ち着いた気持ちで合奏に向かえる雰囲気!

そしてドラムセットが50年代後半のラディック、20インチ~のイカしたセット!
e0196160_20145559.jpg


これがいい音するんだ、本当に…!

物凄くメロウで、ハイピッチでキメルとアタックもトーンも惚れ惚れするほど美しい!
更にはレスポンスが強烈に早い!

このセットに今回は久々にPerlの60年代バレンシアを持っていって演奏しました!(5インチで6テンション!)

音量のバランスもバレンシアだと丁度いいし、枯れ方も統一感があって、我ながら「美しい」ドラムを叩けたような気がしてます!

やっぱり古いラディックは「何か」あるな!
そのラディックと60年代Perlバレンシアの相性たるや…!

古いラディックも古いPerlも最高のスタンダードと言うか、所謂「ドラム」って音が素直に響く!

これこそ「ドラム」だと…僕なんかはおもうんだけどね…!

音色に関しても美学のほとんどを充たして演奏出来た昨夜のライヴは今思い返しても幸せな瞬間の連続だったと…!
噛み締めております!







一方…
インプロビゼーションのスパイラルとは無縁のオレンジズは今、ニューアルバムの第二回リズム録りに向けてリハーサル中!
e0196160_20192474.jpg


オレンジズとしては珍しく全員座りでスタジオで新曲を練っています!

普段は僕以外リハーサルでも常に立ちなのがオレンジズのリハーサルだから、ちょっと珍しい光景!

ショーも近づいいるし、水面下で何かとマグマをグツグツとさせているオレンジズ!

更に更に人生がワクワクする為に地味な素振りでロックンロールしています!
お楽しみに!








このところ梅雨らしく雨降り続きですが、渡世上のしがらみに翻弄されながら雨のなかでも相変わらずロックンロールに夢中で暮らしております!

バタバタしていても可能な限り家で美味しいモノを食べようという奥さんの気遣いで、家庭菜園で収穫したバジルやパセリやネギや…を使っての料理が我が家のロックンロールな食卓を埋める今日この頃…!
e0196160_20145917.jpg

e0196160_201556.jpg

e0196160_2020883.jpg




美味しく食べて雨の中でもロックンロール!

ごきげんよう!




    ~ライブ情報~




★6月29日(土)
【オレンジズ】
@ 吉祥寺 プラネットK


★8月24日(土)
【オレンジズ】
@ 下北沢ガレージ
“オレンジズ★BIG★ショー2013”
●開場18:00 開演18:30
●前売り¥2,300 当日¥2,800(共に+1ドリンク)
●オレンジズのホームページ及び
maruokazumasa@gmail.com
にて予約受け付け中です。
公演日、お名前、枚数を明記の上メールしてください。
折り返し予約完了のご連絡を致します。



   ~リリース情報~


『JAMBOREE /THE ORANGES』
ジャンボリー / オレンジズ

■収録曲
ジャンボリー
真っ赤なマイクロバス
ナンバー1
サンデー・ドライバー
クライベイビー
コーラ
恋なんて
ギンガム・チェック
ゲラゲラ60分
デイジー
リアライズ
エース
グッド・グッド・グッド
オー・ヌード
ノータッチ
仔犬と彼女
スター・スター
愛の子供

2011年5月25日 ON SALE
価格:¥2,310 品番:DQC-691
流通:BOUNDEE
[PR]
by maruokazumasa | 2013-06-21 20:22
瞬間が全てだとつくづく思うのです!
梅雨入りしたのに雨の音沙汰が途絶えていたこの頃ですが、今日はどんよりした曇り空に被われていくぶん梅雨らしい天気。

庭に出ると細かい霧のような雨。
意地悪な部類の雨です!

土砂降りで傘が役立たずならまだ諦めもつくけど、この霧のような雨もまた傘が役立たず…!


どこからともなく雨の微粒子が全身を知らぬ間に濡らすという、どこかしら陰険さを感じる雨…。

やれやれ…。


でもここのところ晴れ続きの梅雨が続いたから、なんだかホッとするような矛盾した気持ちで窓の外を眺めています。

部屋の中で大嫌いな雨降りに傍観者を決め込んで…!



こんな鬱陶しい日は部屋の中で過ごすに限る!…という訳で午前中は久し振りにレッド・ツェッペリンの《狂熱のライヴ》のDVDをゆっくり汲まなく観て過ごす!

久し振りとは言えもうかれこれ10代後半の頃から数えくれないくらい観た映像!

それこそ何百回って観たんじゃないかな?



昨年の11月頃から自分の中でビル・ブルーフォード熱が激しく燃え盛っていたので、珍しくツェッペリンをほんの少し隣に置いて過ごしていました!

勿論その間もことある毎にツェッペリンのレコードはターンテーブルの上で何回転もしたんだけど、腰を据えて改めてツェッペリンと真剣に向き合うのは久し振りな気がする…!

ついついブートレッグに走り勝ちなツェッペリンのアイテムの中でも極めて王道なオフィシャル作品《狂熱のライヴ》を自然と手にしてプレイヤーに入れたのは梅雨の憂鬱の仕業か?

この鬱陶しい気分を効能の全てを理解しているトランキライザーで晴らそうという本能的な…?!

しかし…効能を知り尽くしていたつもりの、その素晴らしいトランキライザーはこの期に及んで更に効き目が上がっている!

何百回も観たその映像が未だもってしてより深い感動の域まで僕を連れ去るという事実に驚いている梅雨の午後です…!


粒子の細かい雨降りのせいか?空気の密度が濃くなって感動の伝導スピードがあがっているのか?
ツェッペリンの音と映像がじんわりじんわり心と体に染みて…いつの間にかすっかり全身がツェッペリンの雨で濡らされてような…!

嬉しい恵みの雨に悶絶…!



1973年ニューヨークはマディソン・スクウェア・ガーデンでの一夜の瞬間が詰め込まれたライヴ映像。

そう、僕が産まれた年の一夜の出来事!

その夜の出来事の映像に、僕は産まれてから17年後に出逢うことになる!

先輩に借りて、最初観た時はなんだかよくわからないんだけど、解らないだけにどこかしら居心地の悪い『謎の衝動』を残した映像!

映像の中から飛び出してくるモノ全てが『知らない世界』のモノだった!
知らないだけにそそるし、知らないけど何かむず痒い感覚を僕の中に植え付けた…!

そして何よりも…ジョン・ボンゾ・ボーナムのドラムが物凄く物凄く『気になった』!

『気になった』っていう感覚が一番正しいと思う!

ピンときたんじゃなくて、何か『気になった』!
『気になった』らもう仕方がない!

どんなに強い台風だって10代後半の若者の好奇心を吹き飛ばすことなんて出来ないんだ!

大好きだったあの娘の胸の谷間や白い素肌の隣には常にボンゾのドラムがあった青春時代!

そしてそれは現在に至るまでずっと変わることはない!(ビル・ブルーフォードに夢中な今でさえ…)




『狂暴』だとか『ヘヴィー』だとか『ワイルド』だとかいうボンゾのイメージは、年を重ねる毎に『柔軟』で『繊細』で『美しい』というものに変わってくる…!

何よりも強烈な情熱と集中力を強く強く感じるボンゾのドラムは聴けば聴くほど新しい感動を呼ぶ!

どんな側面から考えても人間として本当に素晴らしい人だったんだろうなぁ〜。

素直で正直で頑固で優しくて…。

じゃなきゃこんなドラムは奏でられない!

こんな美しいドラム…!


一瞬たりとも気が抜けてる瞬間がなくて、ちょっとハットを『チッ』って踏んだ音だって音楽の一つに聴こえちゃうような説得力って、完全に人間としてのパワーだとしか思えない!

ドラマーというよりは音楽家って感じ!


音色もグルーヴもフレーズもアプローチも…全てがとにかくとにかく美しい!

美しい!これに尽きる!

とにかく美しい!

ゾクッとするような美しさ!


そしてボンゾがそうであったように、メンバー4人が美しい最高の状態で(様々な浮き沈みはあるにせよ)そのキャリアを10数年走り抜けたツェッペリンの活動期の『出来事』の数々は僕にとって永遠の詩であり、永遠のロマンなのです!

4人が溢れんばかりの情熱と、太陽を真っ二つに切り裂くぐらいの集中力で駆け抜けたそのキャリアや残した物語に未だもって僕を心底から震え上がらせる!




60年代後半のイギリス。
ロックンロールが様々な形で発展を遂げていた時代、その震源地でヒップな奴等が悪巧みをして始まった…たかがロックバンド!
されどロックバンド!

そのロックバンドの一員として一人一人が世界中を興奮させたツェッペリンの軌跡に心を激しく震わせながらライヴ映像を吸い込んでいました!




圧巻のライヴ映像が『胸いっぱいの愛を』で終わり胸がいっぱいになったところでメンバーが衣装のまんまバックステージからリムジンへ…。

BGMはスタジオ盤の『天国への階段』。
まぁ周知の通りです…!

そこで映画は終わりエンドロール…。


ニューヨークを離れるツェッペリンのメンバーが自家用飛行機に乗り込む映像の背景に1973年の日差しや空や空港の芝生や…!

それらは僕が産まれた年の日差しや空や芝生で…!

僕がまだピンク色の肉塊に過ぎなかった頃の一夜に起こった瞬間の出来事を、40歳になった今でも興奮して感じているって物凄い事だ!

40年経った今観ても色褪せない瞬間を紡いだ当時のツェッペリンの四人の人間力は尋常なモノじゃない!



…というような興奮の余韻に浸っていると程なくしてエンドロールも終わり、真っ黒な画面の中スタジオ盤の『天国への階段』がスピーカーから流れる。

70年代初頭にパワー溢れる若者が残した名曲と呼ぶに相応しい瞬間の記録が…!
瞬間の感情を素直に合奏で表現したボンゾのシンバル一つ一つに胸が震える…!
瞬間瞬間を真剣に紡いだ偉大な人間の残した音に…!

真っ黒な画面を見つめながら狂熱のライヴの興奮をクールダウンさせていくという、映画としても本当に良く出来た作品だこと!


今改めて、この王道中の王道と言えるライヴ映像を目の前に置き、ロックンロールの素晴らしさ、音楽の美しさ、バンドの持つパワーに感動している梅雨の午後です!



目を伏せたくなる瞬間も沢山あるけど、そんな全てを少しでも素敵な瞬間に変えていけるのがロックンロールの力だと信じています!

もう随分年下になってしまった当時のツェッペリンに未だ僕を翻弄させるのは、彼らの情熱と人間力に尽きるんだと思う!

人間力はさておき、情熱だけはこの先ももっともっと暖めて爆発したいと意気込んでおります!




次はライスヘッズのライヴが控えている!

興奮の瞬間を紡ぐにはもってこいの面子!

自分の中に今ある全てを合奏で吐き出します!


瞬間が全てだ…!


最高の瞬間を眠りの中で迎えるべく眠ります…!
おやすみなさい!
ごきげんよう!




    〜ライブ情報〜


★6月20日(木)
【ライスヘッズ】
@ 千歳烏山 つぼ


★6月29日(土)
【オレンジズ】
@ 吉祥寺 プラネットK



   〜リリース情報〜


『JAMBOREE /THE ORANGES』
ジャンボリー / オレンジズ

■収録曲
ジャンボリー
真っ赤なマイクロバス
ナンバー1
サンデー・ドライバー
クライベイビー
コーラ
恋なんて
ギンガム・チェック
ゲラゲラ60分
デイジー
リアライズ
エース
グッド・グッド・グッド
オー・ヌード
ノータッチ
仔犬と彼女
スター・スター
愛の子供

2011年5月25日 ON SALE
価格:¥2,310 品番:DQC-691
流通:BOUNDEE
[PR]
by maruokazumasa | 2013-06-11 16:27 | Diary
構わないんだよ!一向に構わないんだけどさ…
ここのところ東京は全然梅雨らしくありませんね!

このまま梅雨明け…なんてことになってくれたら嬉しいんだけど!

まぁ、世の中も人生もそう都合よくはいきません!

何かの対価はキッチリとそれなりに…あるいはそれ以上にもぎ取られていく。
それがこの世の中であり人生の常であり…。

梅雨時期のラッキーで嬉しい、そして場違いな太陽の恩恵の対価は、そのうちいつか目を伏せたくなるぐらいの激しい雨で僕たちをグショグショに濡らし、その取り分をキッチリともぎ取っていくんだろうなぁ〜、…やれやれ!

グショグショに濡れるのは素敵なあの娘の一番いいところだけで充分なんだけど、そうは問屋が卸しません!

やがて僕らは近い将来、傘が役立たずな朝や昼や夜や夜中を駆け抜けることが余儀なくられるんでしょうね!?



激しく降りしきる雨の中でも傘を差さずに、二人びしょびしょになりながら、その雨以上に激しいキスを飽きることなく繰り返せていた、思春期の頃の無条件に燃え盛る情熱を40歳になった今も持ち続けていたいものです!

搾れるぐらいに雨を吸い込んだ学ランとセーラー服が明日使い物にならなくなったとしても、今ここでキスする事が何よりも最優先事項だと信じて疑わなかった頃のような…ね!?

そんな土砂降りみたいな恋を合奏に還元し表現出来るようなドラマーになりたいというのが40代のテーマかな?
なんて、今適当にでっち上げましたが、なんせ雨が降らない梅雨は、それはそれで嬉しいんだけど、まるで恋人に生理がこない時のような、なんだか落ち着かない気持ちになります!?






とにかく僕は雨降りが大嫌いなんですが、ガーデニングに凝りだしてからは雨降りに対する嫌悪感が幾分緩和された…!

というのは、やはり毎朝の水やりはなかなか骨で、特に二日酔いの激しい時なんかは(ここ20年ほど、二日酔いじゃない朝ってほとんど経験ないなぁ〜!)結構辛い!

そんな辛い朝、雨が降っていると「今朝は水やりはいいかな?」となる訳で、雨降りが嫌いな僕ですらガーデニングのお陰で雨降りの良い側面を見つけられた!

まさにそれは恵みの雨です!

物事の悪い側面も、ちょっとした暮らし方の違いでそれが良い側面に変化する!

面白いですね!人生って!






ってな訳で、最近ロックンロール以外は庭の事がいつも気になっているんですが、その庭がどうやら近所の猫(多分野良)の便所になっているのです!

う〜ん、参った!


毎日毎日、決まった場所に「ウンコ」があって…!

それも日によってはなかなか立派な物件だったりして…!


まぁ猫さん達とてこの不況の中、存分に腹を満たせる日もあれば、空腹に困窮する日もあるだろう…!

それは毎朝の「物件」の大きさの違いで感じ取っている!

「昨日は稼ぎが少なかったのかな…?」とか、

「おっ!儲かったんだね…?!」とか…!

そしてその猫さんの懐事情は我が家の庭で精算されている…!

しかし、我が家の庭は当然限られたスペースであって、その猫さんの毎日の排便を消化しきれないというのが正直なところ…!

朝に「物件」を埋めても埋めた場所の上に翌朝また「物件」が!というのが続くと、ささやかな僕の庭は猫さんの物件だらけになってしまう…!

実に頭を抱えています…!


我々人間も立派な「物件」を一日に何度か産み落とす訳で、猫さん達も当然ながらね…!

だから激しい猫避けはしたくないし、仮に激しい猫避けをしたとしたら、どこかの庭が便所と化する訳で…!

更には猫さん立場で言うと自然な生理現象をさまたげられる理由なんて絶対理解出来ないだろう…!

猫さんからすれば「税金は確かに納めてないけど、我々も立派に社会生活(ニャカイ生活?)を営んで人間に笑顔をもたらせているんだぜ!」ってところだろう…!


そんな猫さん達には肛門が擦りきれるぐらい「ウンコ」をする権利は十二分にある!

意義なし!




ただね…ただ、花や野菜の種を蒔いたところの土を掘って「物件」を産み落とすのだけは止めて欲しいんだ!


本当は猫さんと呑みながら「いやぁ〜、別にかまわんで!かまわんけど、種を掘り起こさないようにさ!隅っこにまとめてやっといてくれよ!」って言いたいんだよね…!


猫さんには猫さんの事情と社会があるのはよく解る!

でも僕たちには僕たちの事情や社会があって…!

共存するにはお互いの理解が必要な訳で…僕らとて誰彼構わずいい顔は出来ない…!

だから菜園部分にはそれなりに猫避けを施して、空いたスペースを彼ら彼女らの厠に出来ればと…!

選挙権もない猫さん達だから、せめてそれぐらいはこちらが負担しても構わないと考えている!


だから、猫さんと呑む機会があればやんわりと言っておいてください!

「丸尾さんちの庭の隅っこなら大丈夫だよ!でもさ、菜園部分は丸尾さんも困ってるんだよ…!だからさ…」って!

これを読んだ猫さん達もひとつよろしくお願いします!

それさえ守ってくれたら僕んちの庭で土砂降りみたいな恋に喘いでくれても僕は咎めないからさ!

こっちはこっちで激しくアレをナニしとくから…!

雨宿りだって大歓迎だぜ!

猫さん達だって今の政権や政策に異議申し立てをしてるんだね!
って、「物件」を見つめながら(臭いながら)毎朝ロックンロールしとります!



梅雨入りした東京で(晴れ続きですが)、猫さん達と僕らが気持ちよく共存出来るロックンロールな日々を夢見る今日この頃です!

ごきげんよう!



    〜ライブ情報〜


★6月20日(木)
【ライスヘッズ】
@ 千歳烏山 つぼ


★6月29日(土)
【オレンジズ】
@ 吉祥寺 プラネットK



   〜リリース情報〜


『JAMBOREE /THE ORANGES』
ジャンボリー / オレンジズ

■収録曲
ジャンボリー
真っ赤なマイクロバス
ナンバー1
サンデー・ドライバー
クライベイビー
コーラ
恋なんて
ギンガム・チェック
ゲラゲラ60分
デイジー
リアライズ
エース
グッド・グッド・グッド
オー・ヌード
ノータッチ
仔犬と彼女
スター・スター
愛の子供

2011年5月25日 ON SALE
価格:¥2,310 品番:DQC-691
流通:BOUNDEE
[PR]
by maruokazumasa | 2013-06-05 21:54 | Diary
嬉しい着信は「公衆電話」から…
梅雨入りしたのが信じられないぐらいに清々しく晴れた昼間、練馬付近を車で走っていると一本の着信!

「公衆電話」

ん?公衆電話?

さしずめ充電でも切れた誰かがかけてきたのだろうと電話をとると「丸尾!?じゅんだけど…」

そう、携帯を持たない橋本ジュン先輩からだった!

「丸尾今晩ナニしてる?」って…!

取り立てて用事も無かったが敢えて言うなら奥さんとゆっくり料理でもして過ごそうか?と話していたぐらい…!

「いや、特には…」と答えると、
「今晩クラップでライヴなんだけどドラム叩いてよ…」との事!

うっすら約束していた奥さんに対して幾ばくかの罪悪感は否めないにせよ、大好きな橋本ジュン先輩との合奏をお断りする理由はどこにもない!

一瞬の迷いもなく即答で「是非とも!」と!



いくつかあった渡世上のしがらみの用事を急いで済ませ、帰宅してシャワーを浴びて西荻窪clop clopへ…。

久しぶりのクラップ、久しぶりの橋本ジュン先輩との合奏!
しかもデュオで…!

clop clopへ向かう道すがら興奮で胸が高まったのは言うまでもない!



西荻窪clop clopに到着し、楽器をセッティングし、マスターのタカさんを交え三人でお話…。
それがリハーサル!

じゅん先輩と僕は勿論ビール呑みながらね…!


程なくじゅん先輩と僕は近場の酒場へ…。

これもリハーサル…というか合奏の一環…!


あれこれ話した後はお互い楽器を持ってお話し…会話の続き…!

つまり本番!

潤滑油であるアルコールを交えての言葉での会話よりも、楽器持って会話する方がより裸になれる関係というのが非常に嬉しく爽快だ!

言葉に出来ないいろんなことも楽器で語り合えばすんなりと…!

先輩後輩関係なくお互いの生きざまを見せ合いながらの合奏はもう本当に魂の解放というか、エネルギーの放熱というか…!

瞬間瞬間に醒める事なく興奮しながら合奏出来て幸せ過ぎました!


最後はマスターのタカさんも交えての合奏…!

こういう裸の付き合いってつくづく生き甲斐だと実感する…!



もうかれこれ20年前、僕が大阪に住んでいた頃から尊敬する橋本ジュン先輩。
その敬意はいまだもって変わらない…むしろ高まるばかりだけど、その敬意とは別に今は「仲間」と思いながら合奏出来る…!

なんて幸せな事なんだろうか…!


昨日迄の時点で、人生最高の放熱が出来たと実感する!


今日も明日も…もっともっと最高の合奏を貪欲に追究しようと…それが日常であるように!
e0196160_1932476.jpg

e0196160_1932047.jpg

e0196160_1931584.jpg

e0196160_1931719.jpg

[魅惑の空間clopclopで、幸せに悶絶しながら興奮の坩堝へ!]



本番後はまたアルコールとのデットヒート…そして言葉での会話…!


言葉でも楽器でも…等身大で会話が出来た意義深い夜に僕は文字通り「酔った」!

改めて言うまでもない事だけど、合奏って本当に素晴らしい瞬間だな!

ロックンロールに身を捧げて本当に良かったと…40代も益々確信を高めて行くであろう…!

最高の瞬間を共有してくれた方々…ありがとうございました!



ごきげんよう!





    ~ライブ情報~


★6月20日(木)
【ライスヘッズ】
@ 千歳烏山 つぼ


★6月29日(土)
【オレンジズ】
@ 吉祥寺 プラネットK



   ~リリース情報~


『JAMBOREE /THE ORANGES』
ジャンボリー / オレンジズ

■収録曲
ジャンボリー
真っ赤なマイクロバス
ナンバー1
サンデー・ドライバー
クライベイビー
コーラ
恋なんて
ギンガム・チェック
ゲラゲラ60分
デイジー
リアライズ
エース
グッド・グッド・グッド
オー・ヌード
ノータッチ
仔犬と彼女
スター・スター
愛の子供

2011年5月25日 ON SALE
価格:¥2,310 品番:DQC-691
流通:BOUNDEE
[PR]
by maruokazumasa | 2013-06-02 19:07