<   2014年 02月 ( 5 )   > この月の画像一覧
ありのままの君を贅沢に愛したい!
塗装の美しさややパーツの格好良さに一目惚れして、20年ほど前に試奏もせずに購入したものの、なかなか使い道が見つからずレコーヂィングで数曲、ライヴで数回しか日の目を見なかったスネアがありまして、、、。
e0196160_9203046.jpg

80年代のラディックで、クラシック・コンサート用スネア?!
今のカタログには載ってないモノ!

e0196160_918121.jpg

スナッピーが12本のガッド弦で全面当たりと言うなかなかの代物!
マイナスドライバーで1本1本調整出来る、、、と言うか調整しなきゃいけない?!

かなりの手間を要するスネアです!

このスナッピーの特性上当然かなり特種なスナッピーの響きが故、なかなか巧く使えないままで、、、。

何度もスナッピーを普通の内面当たりを装着出来るようにカスタマイズしようかと悩んでいたのですが、、、。
e0196160_9202052.jpg

やっぱりこのカッコいいスイッチを見る度に、なんとかこの状態で使えるようにしたい!
と思い20年、、、。

僕はどちらかと言うとあまり楽器(ことドラム)に関してはカスタマイズという行為を好まないタイプでして、、、。
出来る限りオリジナルの状態で最高のポテンシャルを引き出したいと考えています。

その楽器が生まれたままの形!そこに惚れ込んだ自分!
その関係性を尊重したいのです!

楽器は美しいですからね!

女の子だって僕色に染めたいだなんて一度も思った事なくて、そのままの君を的な、、、?
まぁ、いろいろ迷惑はかけてるんでしょうが、こちらの思いとしてはね?!


そんな訳で、、、、
全くたいしたことではないのですが、カスタマイズに踏み切る前に最後の足掻き?とでも言いましょうか?
とりあえずヘッドを今自分が最も気に入っていて信頼しているモノに代えて試してみました!
e0196160_919663.jpg

まずボトムはエバンスのオーケストラル300。

コンサート・スネア用スネア・サイドって言う以上マッチングを期待せずにはいられませんし、
なんせ僕は今、このスネア・サイドに夢中です!
ホントこんなにセンシティブでふくよかなトーンを出せるヘッドは他にない!
メチャクチャ気に入っているのです!
逸品です!(ホント試して欲しい!心からお勧めします!)

e0196160_9192088.jpg

で、トップはラディックのミディアム。
ラディックのコーテッドは目を伏せたくなる程品質が落ちた時期もありますが、ここ数年はその品位を取り戻した感があり、価格に相当する品質を保っているように思います!
やはりちゃんとしてる時期のラディックのミディアムは最高のヘッドです!

余談ですがここ最近の某R,MOのコーテッドは、、、いささか、、、と感じます。

ヘッドって時期によってダメなメーカーとか、、、ありますよね?!

ずっと信頼してたのに急に品質落ちたり、逆にもう期待してなかったのに品質上がったり、、、!

開発部隊と会社の懐事情みたいなものの関係性が顕著に表れる商品なのかも知れませんね!

話は逸れましたが、なんせ今自分が最高と思えるスペックでなんとかしたいと思い張り替えてみました。

e0196160_9174230.jpg

いざスタジオへ、、、!

やはりスナッピーの響きが固いのと、反応のダイナミクスレンジがかなり狭い。
だから良く言えばタイト?!

クラシック・コンサート用スネアと言うだけあって粒立ちだけは強烈にクリア!
つまり僕自身のスティクコントロールが厳しく要求される!

僕の今のスキルではとてもじゃないけどこのシビアな粒立ちに対応出来ない!

やれやれ出来ない、、、。

すっかり落ち込んで、カスタマイズに踏み切ろうかとも思ったのですが、いやいや待てよと!

せっかく今まで生まれたままの姿を保った楽器!
それをこちらの力量不足を理由にカスタマイズするのは如何なものかと!

いっその事このスネアを大胆にして贅沢な練習用スネアにしてやろうと!

このシビアな粒立ちが要求されるスネアで美しい音色を出せてこそマトモなドラマーになれる道なのではないかと思ったのです!

惚れ込んで手に入れた楽器を操れずにいるようじゃまだまだなと。

とにかく若い頃に練習や学習を怠ったドラマーなので、今にしてこの壁を乗り越えないと後は無いよ!

って、このスネアに教えられた気がします!

生きてる間にほんの少しでも「ホンモノ」に近づきたいという欲望だけは捨てきれませんから!

贅沢な練習用スネアを本番用スネアに持っていけるのは自分次第!

伴ってないにせよ理想の音色と理想のグルーヴは極上のモノなので!

精進します!






そんな気合いもあって!?我が家の楽器収納スペースを整理してみました!
e0196160_9161092.jpg

e0196160_91649100.jpg

ドラムセットとスネア5台、各種パーツや消耗品、シンバルにカホンがコンパクトに収まる快適な楽器庫に!

パーツ入れの引き出しにはラディックのステッカー!
e0196160_917095.jpg

エアコンにもラディックのロゴ!

ラディックが大好きなんですね!

なんだかスネアのアップや収納スペースや、、、、
エロ本で言えば局部アップ多し!みたいな記事になっちゃいましたが、
全てはゴキゲンなロックンロールの為!

お許しを!

ごきげんよう!



                                                      ~ライブ情報~



★3月5日(水)
【サンダルバッヂ】
@下北沢Club Que



以降随時アップします、、、、しなきゃ、、、!
[PR]
by maruokazumasa | 2014-02-22 11:28
サンキュー・オレンジズ・バレンタイン・ショー!
大雪による爪痕の残る悪路の中、オレンジズのバレンタイン・ショーを共有して頂きました全ての皆様、
本当に本当にありがとうございました!
とても幸せな、そして親密な、、、そしてとっても大切な夜になりました!
e0196160_18193329.jpg

e0196160_18192912.jpg


最高に楽しかった!


今年20周年となるオレンジズ!(僕は参加してまだ5年?ぐらいですが。。。)
ニューアルバムのリリースも控え、ますますロッキンにナニしますんで、これからもお楽しみにね!

重ね重ね、下北沢ガレージの皆さん、共演してくれた皆さん、スタッフの皆さん、そして何よりもオレンジズにラヴラヴをくれた皆さん!
本当にありがとうございました!

それでは昨夜の機材を、、、!
e0196160_1822069.jpg

「まずはジェフ・オレンジのヴィンテージもの!」
e0196160_1821477.jpg

「そしてネロ・オレンジのAC-15!」
e0196160_1820511.jpg

「続きましてはロビン・オレンジのほんのりハイテク気味?!のヴゥ〜ン!」
e0196160_18212591.jpg

「てな訳でわたくしマル・オレンジのド〜ン!」
因に昨夜はもうひとバンド出演したので転換のアレもあり、僕の機材はスネア、ペダル以外はハコのもの。
ヘッドだけイカしたブツに変えてナニしました!

レコ発では我が愛しのヴィンテージ・ラディックせ臨みますよ!

そして、、、前売りで来て頂いた方々、イカしたノベルティーをゲットしてくれたかな!?
e0196160_18222867.jpg

ニューアルバムのデザインをやってくれているケンティが作ってくれた素敵な物件!

解る人には解る!キース・ムーンのアレをナニしたデザイン!

僭越つながら僕の顔が小さく入ってます、、、スイマセン、、、。

でもイカしたバッジだから僕の顔は無視して大切にして下さいね!








で、、、

まことにもって個人的な私事ですが、つい最近4年ほど使い続けてボッロボロになったガラ携から、やっとこさスマホに機種変しまして、、、。

4年も使い続けていると画像もいっぱいになってしまい、写真を保存する度に古い画像を削除しながら、、、だったのでついつい写真撮ること自体が億劫になってました!

でもスマホに変えてからまた、削除する手間なく写真を撮るれようになったので、なんやかんやパシャパシャ!

まだまだスマホの扱いと女の子の扱いには不慣れですが、年配者がハイテク機器に臨むような感じで、教官である妻にあれこれ質問を繰り返しながらなんとか(勿論ウザがられてますが、、、)ドジでノロマなカメのようにスマホと自分の順応性とのデットヒート物語を繰り広げております!

e0196160_18594771.jpg

「抜け殻となったガラ携正面!」
e0196160_18595018.jpg

「同じく抜け殻となったガラ携背面!カバー紛失により(泥酔時にと思われる)養生テープにより補強?1」
e0196160_190115.jpg

「そして荼毘に付される運命の十字架を背負ったガラ携の体内!ボンゾの待ち受けがソソる!」


更には調子に乗ってFacebookなるものにも手を出し、自らのローテク具合にいささか閉口しながらも微笑ましく?!スマートを目指す今日この頃です!

つきましては皆様、今後もお手柔らかにウェブ上でのお付き合いのほど、何卒よろしく申し上げます!


ごきげんよう!



                                                ~ライブ情報~


★3月5日(水)
【サンダルバッヂ】
@下北沢Club Que



以降、近日アップします!
[PR]
by maruokazumasa | 2014-02-17 20:06
大雪をを避けつつ、、、
またしても東京は大雪!

幸いにも?僕は前回の大雪の日も、今回もたまたま外出を避けることが出来たので、
のんびりと自宅で過ごしとります!

今日は積もる前に赤ワインを買い込んで夜の幽閉される時間に備えた!

なんせ自宅が大好きなんですが、なかなかゆっくりすることが出来ないので、
この機会にと、ゆっくりレコードやCDやビデオやDVDや、、、。
赤ワインをチビチビやりながら至福の時間をすごしております!
e0196160_3195644.jpg

ライブラリーの中から選ぶのも楽しみの一つ!

僕がほろ酔いで音楽鑑賞を楽しんでいた夕方、雪の中を妻が帰宅。
彼女が何気なく選んだのはコレ!
e0196160_334204.jpg

随分久しぶりに聴いたリー・マロリーのソロアルバム。

窓の外を降りしきる雪を横目に聴き入っていると当然彼、リー・マロリー氏とジョーイ・スティック氏を招いてレコーヂィングした事を思い出す!

まだ妻と出会う前の出来事なので、僕は少し自慢気にその時の様子を語ってみたりして、、、!
 リー氏のどこかほのぼのする歌声のようにおっとりした彼の佇まい。
対照的なハイテンションのジョーイ氏の姿を思い出しながら、素敵な思い出話を妻に語りつつ鍋の準備!
e0196160_3512938.jpg

鍋をつつくにあたり妻が選んだのは先頃リリースされた盟友、佐々木健太郎のソロアルバム!
e0196160_421182.jpg


名盤と呼ぶに値するアルバムだから申し分ないんだけど、健太郎の存在を感じながら鍋をつつくのは、、、
何とも言い難い不思議な気分だった!

鍋の後はバレンタインデーのナニのアレとして妻が買って来てくれた千疋屋の、、、!
e0196160_31888.jpg

グレート!


怪我の功名とでも言いますか?大雪のお陰でゆったりとした時間を過ごせました!

しかし外は凄い雪!
e0196160_30342.jpg

我が家の庭も大変な事に!

雪の中タバコを買いに出かけた道すがら、恐らく近所の野良猫のモノであろう足跡を発見!
e0196160_302920.jpg

なんだか愛くるしくてキュンとなったが、、、奴らはこの大雪をどう受け止めて、どう凌いでいるのだろうか?

野良猫も心配だが、明日のリハーサルへの交通手段の心配だ、、、。

やれやれ、どうなることやら、、、!

とりあえず呑んでぐっすり眠って、目が覚めたら考えよう!

e0196160_30278.jpg


16日に迫ったオレンジズのバレンタイン・ショー!

どんな大雪でもバッチリリハしてキメないとな!

明日は明日の風が吹く!(ってか風は吹かんとって欲しいげど、、、!)

ごきげんよう!


                                                      ~ライブ情報~



★2月16日(日)
【オレンジズ】
@下北沢ガレージ
《オレンジズ・バレンタイン・ショー》


★3月5日(水)
【サンダルバッヂ】
@下北沢Club Que
[PR]
by maruokazumasa | 2014-02-15 04:30
スーパーセンシティブ完全復活への道!
僕が初めてラディックのタイコを手に入れたのは19歳の頃。

生まれ育った大阪府高槻市にかつてあったアサヒ楽器という店の店長に薦められて買ったのがスーパーセンシティブというスナッピー全面当たりのスネアだった!

そこの店長がこれがまたスーパードラマーで、当時スティーブ・ガッドとジョン・ボーナムをフェイバリットに挙げつつも変態超絶な表現力でドラムを奏でる、ちょっとしたエルビン・ジョーンズ的にイカした先輩だったのです?!

生まれて初めて自分でローンを組んで手に入れたスネアはとにかく可愛くて可愛くて…、いつもピカピカに磨いて使っていました。

そいつをメイン?!に、その先は物欲に任せてDwだったり、Perlだったり、ネギだったり、メイペックスだったり、タマだったり……はたまたラディックのメイプルだったり。

かなりの数のスネアを所有して、レコーディングでも曲ごとにスネア変えたり、ライヴの度に気分でスネア変えたり…。

あれやこれややっていたモノです!


色々使って試行錯誤してみたけど結局スーパーセンシティブがメインになっていて、ライヴでもレコーディングでも登場する機会が一番多かった!

だけど、200年頃に70年代のラディックのセットを手に入れてからは、それまで使っていたPerlのプレジデントのセットにはスーパーセンシティブを、
ラディックのセットには70年代の402を…
という具合に使い分けるようになって…。

そうこうしているうちにメーカーや事務所との契約が切れ、楽器の置場所に困るようになり、かなりの数の楽器を手放さざるを得ない状況に陥った…!

結局自分で借りた倉庫に納まるのは奇しくも?!ラディックのモノだけで…。

そうして僕の手元に残った楽器は70年代ラディックのセットと、70年代402が2台と、現行のラディック6.5インチのメイプルと、スーパーセンシティブ…etc。

タイコ類は全てラディックのみとなりました!

愛着のある楽器を手離した事は寂しかったけど、その頃強烈にヴィンテージサウンドに凝っていたから、手元にある大好きなラディックで音色を作る事に集中出来たのは、今になって思うと良かったのかな?
なんて思ったりもします。

なんせその頃から402一辺倒で、とにかくとにかく402の音色に惚れ込んでいたので、メインも糞もなく、402しか使わないという時期を10年ぐらい続けてきた!

ベッドやスナッピーもそれこそ色々試してきたし、その組み合わせも色々試してきたし、チューニングもホントに色々試してきた!

僕は基本的には個人練習でも、リハーサルでも402を持参するし、本番は当然…
となると、その402はかなり酷使される訳で、ラグ等のパーツが壊れる度に使わなくなったスーパーセンシティブからパーツを取り、いつしかスーパーセンシティブは完全に現役を退き10年間眠っていたのです!

その10年の間にヴィンテージのラディック、スピード・キングのペダルとの出逢いもあり、文字通り手も足もヴィンテージラディック…という具合に!

奏法も変化し、402のベッドやスナッピーもこれ以上ない!と思えるラインナップに行き着いたのが去年の夏頃!

打面にラディックのミディアム、ボトムにはエバンスのコンサートスネア用のスネアサイド、スナッピーはグレッチの42本。

この組み合わせが今まで試した中で今のところ文句なく最高に自分の理想のサウンドとなる!

70年代402を使い続けて来て辿り着いた至福のサウンドはホントに美しく惚れ惚れする!

ラディックと付き合い続けて来て本当に良かったと実感したし、ラディックに感謝の気持ちすら…!

その感謝の気持ちを感じた時に前出のスーパーセンシティブの事が激しく頭をよぎった!

19歳の頃にローンを組んで手に入れた懐かしいスーパーセンシティブ!
初めて叩いたラディックのスネア!

暑い時も寒い時も一緒に全国を共にした僕にとってラディックの入り口となったスーパーセンシティブ!

今、やつに感謝すべき時が訪れたんじゃないかな?と…!

今の至福のサウンドに導いてくれた原点はスーパーセンシティブだからね!

そんな訳で去年の秋、パーツ取りになっていたスーパーセンシティブを完全復活させることにした!

欠けていたラグはなんと7つ!それらを取り寄せ、このスネア専用?!の代用の利かないスナッピーも新調して、ベッドはなんとなくイメージでテリー・ボジオモデルの薄手のコーティッド(レモのアンバサよりやや薄め)と、スネアサイドにはラディックのレゾナンス!

フープは当時のPAさんの意向でダイキャストに交換されていたので、こちらもプレスリムを新調して遂にスーパーセンシティブ完全復活!
e0196160_15271491.jpg

「完全復活に向けて自宅でトーンの調整」
e0196160_15271173.jpg

「復活当初はボトムにラディックのレゾナンス」
e0196160_1527167.jpg

「打面はテリー・ボジオの、、、ミーハーです!」
e0196160_15272154.jpg

「左が取り寄せた現行のいラグ、右が従来の、、、。現行にはスプリングが入ってない!」

個人練習でもリハーサルでも本番でもスーパーセンシティブで臨むようになった…。

だがしかし…残念ながらどこか腑に落ちないのは固いスナッピーの反応とハイピッチでは詰まり気味のトーン…。

いつだかのライヴでどうにもこうにも上手くチューニング出来ず、確か去年のオレンジズのクリスマス・ショーではとりあえずまた402でライヴをした!

やはり402!さすがの安心感!

でも、スーパーセンシティブを最高のポテンシャルに持っていけなかった事が悔しくてね…!

そこで…ポテンシャル…?!
ポテンシャルと言えば402を最高のポテンシャルに持っていったラインナップにしようと、スーパーセンシティブにも打面にラディックのミディアム、ボトムにエバンスのコンサートスネア用のスネアサイドを張ってみたら…
ギャー!もう最高じゃないの…!

スナッピーの形状と本数と接地面が違う分、その色々な作用で402に比べてややタイトな響きになるしロールでの粒立ちがやや固めにはなるがザクザク気持ちいし、スナッピーの反応はすこぶる敏感だし(スーパーセンシティブって言うだけあってね!)、ハイピッチでも詰まることなく温もりの残ったトーン…!

まさにラディックの金属胴のスネア!

素晴らしいサウンドに仕上がりました!
e0196160_15273165.jpg

「打面にラディックのミディアム」
e0196160_15272955.jpg

「ボトムはエバンスのオーケストラル300。とにかくこのスネアサイドは今まで使った中で最高と言い切れる!」


本番でも既に立証済みで、先月25日のセッションで使用した時も完全にストレスレスに合奏に集中出来た!

更には先日のクイーンのカバーのスタジオでのリハーサルの時には、ドラムの岡田年世氏にお願いして、そのスタジオの日だけ僕のスーパーセンシティブを叩いてもらい、外から聴いた印象も検証してみたけど…
うん!グレート!

本当の意味での完全復活を遂げました!

勿論最近は個人練習もスーパーセンシティブしか持っていってないし、この先しばらくはこいつを育てながら合奏に臨もうと思っています!
e0196160_15272496.jpg

「個人練習でも、、、いつも一緒!」



それに伴い、2台ある70年代402は既にこのラインナップだから、あとは80年代ラディックの6.5インチのメイプルと、60年代Perlのバレンシア5インチで6テンション!にも同じベッドを張って、そのタイコの最高のポテンシャルを引き出してやろうと思っとります!

ゆくゆくは全てのタイコが最高の音色を奏で、それらを気分や風景によって使い分けたり、それぞれの音色を楽しみながら合奏したいと…!


まだまだこの先も音色の旅は続くんだけど、今辿り着いたところから新たなスタートラインに立てるよう日々精進であります!







で、冒頭に書いた、かつて若かりし僕にスーパーセンシティブを奨めてくれたアサヒ楽器の店長だった先輩にも完全復活を遂げたそのサウンドを聴かせたく、次実家に帰る時はスーパーセンシティブを持って行こうと…!

なんでもアサヒ楽器の店長だった橋本達也先輩とは今でも割りと頻繁にラディック通信というメールのやり取りをしていて、お互いの楽器やスピード・キングについて語り合っているので…!
e0196160_1527265.jpg

「ラディック通信のやり取りの中で添付される写真のほとんどは楽器(局部アップ多し!)ですが、たまにこんな感じで『参考文献はこちら!』的なね、、、僕もアホですが先輩も、、、」

細やかな僕の…本当に細やかな成長振りも示したいなぁ~!という思いもあり、スーパーセンシティブを更に最高のサウンドに仕上げるべく奮闘致します!


勿論次のオレンジズのショーでもこいつで臨みます!

ワクワクですわ!


ごきげんよう!





    ~ライブ情報~



★2月16日(日)
【オレンジズ】
@下北沢ガレージ
《オレンジズ・バレンタイン・ショー》


★3月5日(水)
【サンダルバッヂ】
@下北沢Club Que
[PR]
by maruokazumasa | 2014-02-08 15:49
サンキュー・フレディ・ナイト!
e0196160_0213070.jpg


今回で二回目となりましたワタクシのワガママなクイーン・ショー?!

いやぁ~、メチャクチャ楽しかったです!

目撃して頂いた方々…本当に本当にありがとうございました!

極東の島国でしがないドラマーとして僭越ながらロックンロールを追及する中年男としましては、このような晴れ舞台をなんと感謝していいやら…!

ライヴ中、松本タカヒロ先輩が言ってましたが、まさに「高円寺の酔っぱらいの鼻歌に付き合ってもらって…」って感じですわ!


とは言え、僕自身メチャクチャ真剣に臨みましたし、メンバーの熱意や巧みさや優しさには本当に助けられました!

ホント素晴らしいメンバーを従えてフレディを熱唱出来た事は幸せ極まりない体験です!

【PRIVATE BOHEMIAN】
・フレディ・マルキュリー(丸尾和正)
・ブライアン・タカ(松本タカヒロ)
・ジョン・フッチーコン(渕沢定紀)
・オカジャー・テイラー(岡田年世)
・スパイク・ラブニー(橋口靖正)

彼らの熱意があっての僕です!

スタジオの段階から何度も感極まっていたのですが、そのマグマを本番で余すことなく炸裂させることが出来て、幾ばくかの充実感が未だに僕の身体を包んでくれています!

お客様や共演者の暖かい目や、ショーボ-トのスタッフの優しさにも胸がいっぱいになりました!
僕のワガママな発案に応えてくれたメンバー、僕のワガママなリクエストに応えてくれたショーボ-トのスタッフのみんな、そして何よりも僕のワガママなロックンロール・ショーを観てくれた皆さま!

感謝の気持ちでいっぱいです!

「とにかく…楽しかった…」って言ってくれたお客様の感想には本当に本当に救われました!

なんせ僕自身が楽しくてしょうがなかったしね!

そして、フレディを愛する事で誰かが笑顔になれるなんて…、やっぱりフレディは素敵過ぎる「男の中の男」なのだと改めて確信しました!

才能が有りすぎるフレディにも感謝の気持ちでいっぱいです!(当たり前だ!)

またいつか来日?!するんで、また最高の笑顔でお逢いしましょうね、ダーリン!

ごきげんよう!

e0196160_0213396.jpg




    ~ライブ情報~



★1月30日(木)
【PRIVATE BOHEMIAN】
・フレディ・マルキュリー(丸尾和正)
・ブライアン・タカ(松本タカヒロ)
・ジョン・フッチーコン(渕沢定紀)
・オカジャー・テイラー(岡田年世)
・スパイク・ラブニー(橋口靖正)
@高円寺ショーボ-ト


★2月16日(日)
【オレンジズ】
@下北沢ガレージ
《オレンジズ・バレンタイン・ショー》
[PR]
by maruokazumasa | 2014-02-01 00:22